家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

地震に強い家

世界で起きている地震活動の15%が起きているといわれるほど、日本は世界有数の地震国です。阪神淡路の地震では多くの人々が住宅の倒壊、家具の転倒で死亡しております。
地震に強い家はどこが違うのでしょうか?どんな事に注意すればよいのでしょうか?
まず1つ目は地盤です。岩盤など、堅くしまった所が良い地盤です。地盤が悪いと、建物はより大きく揺れます。地盤の良否は素人では判断しづらいので、専門家に相談しましょう。
2つ目は家の形です。複雑な形の建物は、地震時にそれぞれの部分がばらばらに揺れ動いて、壊れやすくなります。逆に、単純でまとまりの良い形の家は、地震の力が建物全体に平均に伝わるため安全です。
3つ目は家の重さです。地震の力は建物が重いほど大きくなるため、軽いほうが有利になります。また、上が重いと大きく振られ安定性が悪いので、上下のバランスも大事です。
地震に強い家をつくるには、柱など各部の強さは勿論ですが、相互の繋がりの強さがより大事です。各部のバランスがとれてこそ強い家。対処療法ばかりに目をやらないで、家全体を見るという視点が大事なのです。
イメージ
<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>