家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

古民家再生

古民家には、今ではもう手に入れる事のできない貴重な良材が多く使われており、当時の職人の見事な手仕事が刻まれています。ですが、現代生活に対応できないということで、古民家はその寿命を全うせずに取り壊されてきました。
住環境問題が深刻になり、機能面でも日本の気候に合った家が求められ、古民家が「住むところ」としての価値を見直されつつあります。古民家再生は、近年非常にさかんになってきています。
『古民家再生』は、建材や枠組みを残し、古民家の持つ魅力を生かしたまま、現代のライフスタイルにあった住宅にリフォームする『改築』から、建材を生かし別の場所に違う形で生まれ変わらせる『移築』まで、幅広い形で行われています。
今の家の倍以上もある構造材で組まれた古民家は、耐久性・耐震性にも優れています。また、昔の木は目がつんでいて重厚で、国宝級の文化財が証明するように、腐ってさえいなければ鉄やコンクリートよりも長持ちします。
古民家のつくりは非常に合理的で、自然と共に生きることを象徴した機能を持っています。まさに『つくる知恵』や『住む工夫』、『匠の技』が詰まった玉手箱。 「家は末代まで」の言葉通り、風土に適した形で何百年もいきつづけてきた古民家は、環境共生住宅の代表と言えるかもしれません。
イメージ
<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>