家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

オール電化住宅

オール電化住宅とは、調理設備や冷暖房・給湯など家庭で使うエネルギーをすべて電気でまかなうもののことで「電化住宅」とも言います。
電化住宅は火災の心配が少なく、燃焼によって空気を汚したり、二酸化炭素の排出がないため、自然な換気が難しい高気密化の進む現代の住宅でも、室内環境をクリーンに保つことができる、環境に配慮した提案でもあります。
高いと思われがちな電気代ですが、トータルの光熱費と比較すると安くなる場合がほとんどです。これは、深夜電力を利用するなど効率的な電力の利用方法と、安い電気料金メニューがあるからです。
最近では太陽光発電システムを搭載することで、さらに省エネルギー性を高め、環境にやさしいシステムにしていることもあります。
火災リスクの低さから、高層の集合住宅や高齢者の住まいに、安全を考慮して利用されることも多く、特別な割引が適用される電化住宅専用の火災保険もあります。
省エネルギーを目指した高気密・高断熱化や、高齢化への対応、割安な光熱費を背景に、これからの住宅のかたちとして「電化住宅」がスタンダードとなってきています。
イメージ
<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>