家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

減築リフォーム

傷んでいるところを直して長持ちさせたり、住む人の生活の変化に合わせて便利にしたりと、大切な家をより長く、より快適に住み続けるためのリフォーム。
「住まいを広くする」増築とは逆に、「広すぎる住宅を自分たちの生活にあったサイズにする」、そんな『減築リフォーム』が注目されています。
「減築」は建物内の床面積を減らして住環境の改善を図るリフォームです。
例えば、子供たちが独立して夫婦2人で暮らすようになった場合、不要になった子供部屋を減らし、その部分を吹き抜けスペースにしたり、庭を広くしたりして居住空間の快適さを高めることができます。
また、2階建てを平屋にすれば、建物の総重量が減って耐震性が向上しますし、家の面積が減れば外壁塗装など補修費の低減が期待できます。
さらに固定資産税も低くなりますし、冷暖房費の節約、階段の上り下りでの苦労、掃除する場所が減るといった利点もあります。
暮らしの空間が狭くなるだけに、何となく不便さが増すのではないかと思われがちですが、使わない部屋をそのままにしておくより、使い勝手を優先して見直すことで、かえって暮らしやすくなったという人が多いみたいです。
ただ広いだけの家より、小さくても使いやすい家。
リフォームのあり方を変えてみませんか。

イメージ
<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>