家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

住まいとあかり

当たり前のように点けている部屋の照明ですが、住まいの中であかり選びは重要です。暗闇の中では、どんなに素敵な部屋でも見えませんし、あかり一つで部屋の印象は大きく変わります。

住まいで使う主なあかり(光源)に、蛍光灯と白熱灯があります。
違いと特徴を知り、目的に応じて使い分けましょう。

【蛍光灯】

  • 少ない電力でたくさんの光の量を得られることができるので、効率がよい。
  • 寿命が長く経済的。色温度(光の色)のバリエーションも豊富。
  • 一部商品を除き、調光ができない。
  • ON/OFFを繰り返すほど寿命が短くなる。
    長時間点灯向き。
 

【白熱灯】

  • 調光しやすいので微妙な演出ができる。
  • 高い演色性を持つことから、
    食卓の上で照らせば、食べ物をおいしく見せる効果がある。
  • 蛍光灯に比べると寿命が短く、電気代がかかる。
  • ひんぱんな点灯・消灯に適している。
いつもの部屋も、あかりの使い方で部屋の印象はずいぶん違ってきます。
たとえば、「白熱灯のスタンドで落ち着いた雰囲気を演出しつつ、蛍光灯を間接照明として使い、壁や天井を照らす」など、一部屋をいろんなタイプのあかりで照らせば、ぐっと奥行きのある空間を演出できます。
では、あかり選びはいつから始めればいいでしょう?
照明器具の中に、家の壁や天井・柱と一体になっている「建築化照明」があります。ある程度工事が進んだ後に、「建築化照明をつけたい」と希望したら?
工事はやり直しになりかねませんし、費用の面でも負担が多くなってしまいます。
無駄な出費や手間をかけないためにも、あかり選びは家の設計段階から。
使用する部屋の用途や目的、演出したい雰囲気も考慮にいれて、早めのプランニングを心がけましょう。
イメージ


<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>