家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

結露対策

冬の朝など、起きたら窓に水滴がびっしり…なんてことはありませんか?
暖かい湿った空気が、急に冷やされたり、冷たいものに触れたりしたときに、空気中の水蒸気が水滴になる現象を「結露」といいます。
最近の住まいは気密性が高く、湿気が室内にこもりやすいため、窓や押し入れの壁・目に見えない床下や壁の内部などが結露することがあります。結露はカビやダニの発生源になり、住宅の寿命を縮め、健康にも悪影響を及ぼしかねません。
結露のもととなるのは湿気。つまり水蒸気です。高温多湿の風土以外に、人間の呼吸や発汗、入浴や洗濯など、生活によっても発生します。特に冬ともなると、灯油などを燃やしたときの燃焼ガスからも大量の水蒸気が排出されます。
結露対策では、水蒸気を室内に取り込まないこと・発生させないことが重要です。
室内外の温度差によっても結露は発生しますから、こまめな換気も効果的です。
それでも発生してしまった場合は、すぐにふきとるよう心がけます。
結露を発生させにくくするには、窓ガラスを冷たい外気が室内に伝わりにくい「複層ガラス」に変更するなどの断熱工事や、部屋の湿度を調整する機能を持つ珪藻土を天井や壁材に使用することが有効です。
とはいえ、結露対策ばかりに目をやりすぎて、部屋を過度に乾燥させた状態にするのも問題です。肌や粘膜の潤いを奪い、風邪や肌荒れなどを招くことになります。
人間にとって快適な湿度は40〜60%。結露への対策をしつつ、適度な湿度を維持して冬を過ごしましょう。
イメージ


<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>