家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

住宅用火災警報器

近年、全国的に火事の発生件数がぐんと高くなっています。
あなたのお宅の防火対策は万全ですか?
平成18年6月1日の消防法改正により、全国一律に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられました。義務化の時期については、新築住宅と既存住宅では異なります。
・新築住宅
平成18年6月1日
・既存住宅
平成20年6月1日〜平成23年6月1日の間
(具体的な設置期日は各市町村の条例により異なります)

※住宅用火災警報器の設置については、工務店及び最寄りの消防署にご確認ください。

住宅火災で亡くなった方の多くは「逃げ遅れ」によるものです。「逃げ遅れ」を防ぐもっとも有効な方法の一つとして「住宅用火災警報器」の設置が考えられます。

住宅火災の被害から生命・財産を守るため、火災警報器の設置が果たす役割は大きなものがあります。既存住宅は設置期日まで時間がありますが、早期の導入をご検討されてはいかがでしょう。

また、もしもの時の通路の確保もしっかり考えて、安心のできる家造り・リフォームを行いましょう。

イメージ



<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>