家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

地震保険  

日本はいわずと知れた地震大国。もしも、地震が原因の火災で住宅が焼失した時、火災保険だけでは補償されないのはご存知でしょうか?地震に対して備えるには「地震保険」への加入が必要です。

地震保険は、地震や噴火、津波によって発生した火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する保険です。最近は、地震保険単体で入れるものも出てきましたが、一般的には火災保険にセットして加入することになっています。

地震保険の保険料については、建物の構造(鉄筋コンクリート造・鉄骨造か木造か)と都道府県により異なります。地震保険では、住んでいる都道府県によって地震発生のリスクごとに4つに区分され、1等地から4等地の順に保険料が高くなっています。

また、地震保険には、建物の耐震性能などに応じた割引制度もあります。昭和56年6月1日以降に新築された建物は10%の割引になるほか、住宅の耐震等級によっては10〜30%の割引を受けられます。

地震保険は、万一のことが起きたときの被害が甚大であることを考えると、やはり加入した方が安心といえます。火災保険の契約期間の途中であっても加入できますので、気になったら代理店などで相談してみるのもよいでしょう。地震で生き残る事が出来ても、住む家がなければ被害から立ち直るのは大変です。もしもの時の為に、地震保険の加入を考えてみてはいかがでしょうか?



<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>