家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

浴室・トイレのカビ予防

暑い夏になると、元気になるのが「カビ」の類。
リラックスできるバスタイムも、浴室内にカビがいっぱいでは興ざめです。
しかも、カビの胞子を吸い込むことでアレルギーの原因になることもあります。
こすっても、落としても、次々に生えてくるカビ。いたちごっこになる前に対策法を考えて、清潔な暮らしをキープしましょう!

カビは気温25度以上、湿度70%以上の環境が大好き。
カビの胞子は空気中に浮遊しているので、条件が整えばどんな所にでも発生してしまうのがやっかいなところです。
梅雨〜夏にかけては高温多湿が続き、カビにとって絶好の繁殖の季節がやってきます。家の中では、湿度が高いため、汚れ(=カビの栄養)がたまりやすく、風通しが悪い場所が要注意です。特にカビの温床になりやすい、浴室やトイレのチェックをしておきましょう。

【浴室】

  • 最もカビやすいのがタイルの目地。ロウを塗っておくと、水をはじき汚れがつきにくくなるのでカビの予防に効果的です。
  • 石鹸やシャンプー、垢などの有機物はカビの栄養源。
    入浴後は、壁面や床に残った泡などを水で流しましょう。
  • カビを発見したら、柔らかいスポンジなどで落とします。
    固いものでゴシゴシこすると、細かいキズがつき、そこにカビがはいりこみやすくなるので注意が必要です。

【トイレ】

  • 結露している場所があったら、すぐに水分を拭きとることを習慣に。
  • 便器の汚れやカビは、専用洗剤で落とします。
  • トイレブラシやブラシ立てには、湿気が残りがち。
    日光消毒をするなど、清潔を保つように気をつけたいものです。
こまめに換気と掃除を行って、湿気と汚れを取り除き、カビが繁殖しにくい環境をつくりましょう。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>