家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

住まいの豪雨対策

最近、雨による水害が増えています。テレビなどでは、非常に局地的・突発的に短時間で大量に降る雨を「ゲリラ豪雨」と呼ばれています。
ゲリラ豪雨は予報が難しいため、被害が大きくなるケースも多いようです。
これからの台風シーズンはさらに警戒が必要といえるでしょう。
では、住まいを建てる際にどういった対策がとれるでしょうか?
水は低いところに集まりますので、浸水にあいにくい「高い場所」に家を建てることが基本といえます。しかし、「駅から遠い・買い物の便が悪い」などといった問題から、川沿いや低地に住宅を建てる場合は、「宅地のかさ上げ」や「高基礎にする」などの対策がとれます。
近年は、都市部だからこそ起きる水害が問題になっています。
表面をコンクリートとアスファルトで覆われた市街地は、集中豪雨に見舞われると雨水の逃げ場がありません。下水道の排水能力がパンク状態になってしまえば、下水管から水が逆流し、住宅や地下街などが浸水の被害を受けることがあります。
身近でできる都市型水害対策として、下水道管へ雨水を流出させる「雨水ます」や側溝の掃除があります。

排水口が落ち葉などで詰まると道路冠水や家屋浸水の原因となるため、掃除をしてごみを取り除き排水をよくしておくことが大切です。

また、雨水タンクの設置も、下水道に流れる水を減らすことになり、さらに節水や水道代の節約、地球温暖化防止に役立ちます。

局地的な集中豪雨の増えた近年、
豪雨が降った際のシミュレーションが家づくり計画で大切になっています。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>