家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

窓で変わる 冬の省エネ対策

家の中で、寒さが侵入する場所といえば『窓』です。
部屋を暖めても窓の近くは寒い、なんてことはありませんか?
室内温度は外気の浸入が大きく影響します。
昔のように隙間風があちこちから入る住宅と違い、性能が良くなった現在の住宅では、開口部のガラスからの「冷気の侵入」や「暖気の逃げ」が一番大きく、冬は室内の暖かい空気が37%も流出すると言われています。
室温を変えないための対策として、
窓自体を工夫することと、カーテンなどを工夫することが考えられます。

窓の工夫

  • 断熱性の高いガラスを選ぶ
  • 窓ガラスにはいろいろな種類がありますが、断熱性能はかなり違ってきます。断熱性能が高いのは、複層ガラスや真空ガラスです。

  • 断熱シートを貼る
  • 窓ガラス用の断熱シートを貼ったり、
    結露防止アイテムも窓の断熱対策としても有効です。

  • サッシも断熱性能が高いものを選ぶ
  • 断熱サッシや二重サッシを採用することで、
    より断熱性能を高めることができます。

カーテンの工夫

  • 二重がけにする
  • カーテンと窓ガラスの間に動かない空気層を増やすことで、
    断熱性が高まります。

  • 床まで掛ける
  • 腰高の窓でもカーテンを床までの丈にすると、
    冷気の侵入をより防ぐことができます。

  • 窓全体を覆う
  • カーテンボックスの設置や、カーテンの両端と壁の隙間ができないよう巻き込む様に掛けることで、室内空気の流出や外気の浸入を防ぎます。

  • たっぷりとドレープ(ひだ)をとる
  • ひだをたくさん取ることで、空気層ができ、断熱効果が高まります。

以上のように、カーテンと窓ガラスにちょっとした工夫するだけで、冷暖房の効き方に違いができます。

窓からの熱の流出入を抑えることは、冷暖房の効果をぐっとよくし、省エネにつながります。

模様替えを計画されている方は是非実践してみてください。今年の冬をもっと快適に過ごすことができます。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>