家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

お部屋のカラーコーディネート 前編

部屋の印象は、間取りや家具だけでなく、カラーコーディネートが大きく作用します。色が持つ特性と、ちょっとしたルールを知っておけば、誰でも失敗なくお部屋のイメージを変えることができます。
カラーコーディネートの際、特に注意したいのは色数を多く使わないことです。壁や天井など一番面積をとるベーシックカラーのほかに、サブカラー、アクセントカラーの3色位でまとめると、すっきりします。
【ベースカラー】(お部屋で使用されている天井・壁・床のカラー)
お部屋それぞれが持つ色(天井・壁・床)にあたります。空間の大半を占めるベースとなる色(箱の色)で簡単に変更できない部分ですが、そのお部屋の持つ個性として考えていただければ問題ありません。
【サブカラー】(お部屋で使用される建具・家具などのカラー)
部屋のイメージを大きく決める色です。
個性を主張しすぎない落ち着いた色や同系色で統一するのがおすすめです。
【アクセントカラー】(お部屋で使用される雑貨や小物のカラー)
さし色と呼ばれる、お部屋にメリハリをつけるための色になります。面積としては小さいながら目に留まる色として使用します。

「ベースカラー70%」「サブカラー25%」「アクセントカラー5%」がベストという法則があります。

色選びに迷ったら、自分の嫌いな色を考えましょう。嫌いな色を選択肢からはずしていくと、自然と色が決まってきます。

次回は、色が持つ特性と、色が人に与える効果についてご紹介します。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>