家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

住まいのメンテナンス

秋晴れの日には、季節の切替えを兼ねた住まいのメンテナンスはいかがですか。
フローリングのワックスがけも、湿度の低い秋晴れの日がおすすめです。
ワックスをかけるために家具を移動させたら、ついでにインテリアも秋・冬仕様に衣替えしましょう。
●フローリングのお手入れ

フローリングは水が苦手です。 水拭き、洗剤拭きをするときは、脱水機で余分な水分を絞りきった雑巾を使いましょう。
メンテナンスにはワックスがけが一般的ですが、最近はワックスレスのフローリングも普及しているので、どんなフローリングなのか確認する必要があります。また、ワックスもいろいろなタイプがあるので、事前に目立たないところで試し塗りをしたほうが無難です。

ワックスがけのコツは、ワックスを湿らせたスポンジを滑らせるように薄く塗ることです。厚くしたいときは、乾いたのを確認してから2回目を塗ります。扇風機を使うと早く乾きます。

●インテリアの衣替え

カーテンも夏用から冬用に交換したいものです。
夏用をはずして洗濯しますが、カーテンは、うっかり水洗いすると縮んでしまうことがあります。カーテンを作るときに、フックで調整できる分だけ長めにしておくと、その分縮んでも対処できます。
ドレープは重量があり、脱着も洗濯も大変なので頻繁に洗濯できません。購入時に汚れが目立たないものを選び、ときどき掃除機で表面の埃を吸引しましょう。

ブラインドのお掃除には、軍手を使うのがおすすめです。羽1枚1枚の隅々まで指が届いてくれるので、気持ちよくお掃除することができます。
ただしこのとき、手にゴム手袋をはめてから軍手をはめるようにしてください。 ホコリや洗剤による手あれを防ぐだけでなく、ブラインドで手を切らないためにもゴム手袋は大切なアイテムです。

晴天が多く、過ごしやすいこの時期に住まいのメンテナンスを行い、これからの季節を気持ちよく過ごせるようにしましょう。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>