家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

秋の七草

秋が深まり、季節を感じる草花や食べ物を目にする機会が増えてきました。

その一つに「秋の七草」があります。
「春の七草」は「七草がゆ」にして食を楽しむものですが、「秋の七草」は、眺めて楽しむものだと言われます。万葉集の山上憶良が詠んだ2首の歌がその由来だそうです。

〇秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花
(万葉集・巻八 1537)
〔訳〕秋の野に咲いている花を指折り数えてみれば、七種の花がありました。

〇萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花
(はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな おみなえし また ふじばかま あさがおのはな)

(万葉集・巻八 1538)
〔訳〕萩の花に、尾花に、葛の花に、なでしこの花に、おみなえしに、
   それから藤袴に、朝顔の花。

【秋の七草】

秋の七草のそれぞれの特徴を紹介します。
●萩(はぎ)
秋を代表する花です。
 根はめまいやのぼせに効く漢方薬になります。
●尾花(おばな)
薄(ススキ)のことです。
 穂が動物の尾に似ているのでついた名前。
 ススキはすくすく育つ木の意味
●葛(くず)
成長がとても早く生命力が強いです。
 根から採れるのは葛粉(くずこ)です。
●桔梗(ききょう)
浴衣の柄によく使われています。
 根はせきやのどに効く漢方薬になります。
●藤袴(ふじばかま)
平安時代には、この葉の芳香を利用して洗髪や匂い袋に使っていたようです。
●女郎花(おみなえし)
別名 「粟花」 粟の粒のような黄色く小さい花が咲きます。
 腫れ物やむくみなどに効く漢方薬になります。
●撫子(なでしこ)
大和撫子という日本の女性を表現する言葉。
 撫子は思わず撫でてしまいたくなるほど可愛い花を意味します。

秋の七草は、薬用として使用されているものも多いようです。
咳止め、解熱剤、気管支炎、婦人のめまい、肩こり、など漢方の中でも主要な生薬として、活躍しています。
これから冬を迎える私たちの体にも優しい草花といえるでしょう。

古来から愛されてきた七草を部屋に飾り、風情あふれる日本の秋を楽しんでみませんか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>