家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

大掃除を効率的に

年末になるとあわてて始めて、中途半端に終わってしまうことの多い大掃除。
今年は、計画を立てて効率的に行ってみてはいかがでしょう。

(1)大掃除の計画を立てる

まずは、どの箇所をいつまでに終わらせるかを考えましょう。
12月は年末行事や忘年会などで忙しく、掃除にさける時間は少なくなります。大掃除のメニューを拾い出し、年末までを期間として1日1時間を目安に計画を立てましょう。

(2)掃除の手順を考える

家の見取り図を考え、掃除ラインを知って行うと、時間も労力も無駄にせず、効率的な大掃除ができます。
掃除の順序としては、たいていホコリは下へ落ちますので、天井から照明、カーテンのホコリ、テーブルや家具の順番で上から下へホコリをはらいます。家具を拭くときは汚れた家具からではなく、部屋を時計回りに歩いて、拭くなど方向を決めると動きに無駄が出ません。
そして、掃除機は部屋の奥から手前へかけるのが基本です。プラグを入れ替える手間も考えて、延長コードを利用すると、プラグを取り替えるイライラも解消します。

(3)汚れの種類に合わせた道具を使う

ホコリをはらう
シートモップ、ハタキ、掃除機を使えば、簡単にはらい落とせます。
泥や手アカを拭く
家具や壁、床など広い面を拭くときは、ぞうきんや大きなスポンジ類を使い、隙間や角など細かい場所には柄つきスポンジやブラシ類を使いましょう。
油汚れを落とす
キッチンの換気扇やコンロなどは、つけおき掃除法がおすすめです。ただし、つけおきの前に汚れをある程度こすり落としておくと、より効果的です。
道具は、傷がつきにくい割り箸やボロ布、古スポンジを利用します。場所によってはカード(メンバーカードのようなもの)や隙間や角には先が細い串などが活躍します。汚れがひどくならないうちなら、重曹で落とせます。あまりにもひどい汚れの場合のみ、強力洗剤やクレンザーのお世話になれば環境にもよいお掃除が実現できますね。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>