家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

冬の乾燥対策

冬は室内の空気がとても乾いています。空気が乾燥してくると、のどや気管支からウイルスが感染しやすくなり、風邪をひいたり体の抵抗力が弱くなってきます。

室内の乾燥を防ぐには

乾燥への対策には、加湿器を利用されている方も多いかと思います。しかし、それ以外にも「濡れたタオルを吊るしておく」「洗濯物を室内干しにする」「ベッドサイドに水の入ったコップを置く」など、手軽に加湿をする方法があります。
また、「球根の水栽培をお部屋に飾る」と、水分が蒸発して部屋の湿度が上がるし、きれいな花を観賞することもできるので一挙両得ですね。


乾燥した室内には静電気がいっぱい!

ビリっとくる静電気を防ぐ簡単な方法は、「お部屋に湿度を保つこと」「指先を湿らすこと」です。例えば、ドアノブに触れる前に指先をウエットティッシュに湿らせたりすると静電気は消えます。ハンドクリームを手に塗って指先の乾燥を防ぐことも効果があります。
髪をブラッシングする時には、整髪剤や水分を髪にスプレーしてからブラッシングすると静電気が起きにくくなります。帯電しやすい場所では、加湿器を置いたり、空中に霧吹きスプレーで水分を噴霧したりすると、湿度が高くなり帯電しにくくなります。


冬はお部屋を暖めるだけではなく、乾燥を防いで快適に過ごせるように心がけましょう。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>