家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

節分には豆まきで鬼は外

節分とは

「季節を分ける」ことから、季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことを節分といい、本来、節分は年に4回あります。
旧暦では立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目だったため、現在では立春の前日を節分というようになりました。
また、昔は季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。

節分と鬼

旧暦を十二支でいうと、十二月は丑、一月は寅にあたります。
立春前の節分は、丑寅(うしとら)になり、丑寅とは鬼の出入り口である鬼門を意味します。この鬼門の邪気を祓う意味で節分の儀式を行います。

節分の儀式

節分の豆まきは、災いをもたらす鬼を追い払い、新年に福を呼び込むための行事です。
大豆には霊的な力が宿ると信じられており、神様へのお供え物にもよく使われています。 また、大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話があり、魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。

なぜ鬼退治?

鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病など、想定外の恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。
「おに」という言葉は「陰(おん)」に由来し、「陰」とは目に見えない気である邪気をさし、それが「おに」なのです。 また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあります。

鬼のファッション

鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙をもち、虎皮の服を着ているのです。


新たな年に福徳がやってくるよう、節分には家族総出で豆まきをしてはどうですか。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>