家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

お部屋の模様替え

模様替えはまず整理整頓から

買うことより捨てることを重視しましょう。スッキリした部屋は広々とゆったりした感じになります。あなたの部屋には要らないものがありませんか?
愛着やもったいないという気持ちもあって、物を捨てるのは意外と大変です。
捨てられない → 物が増える → 収納に困る → チェストや収納ボックスを買い、収める → 物が増える → 収納に困る → またチェストや収納ボックスを買う
上記のような悪循環になってしまいがちです。
欲しいものがある時は本当に必要なのかを考える、そしていらない物をリサイクルショップなどで売る、または捨ててからにしましょう。

使う色は3色まで

整理整頓しているのにゴチャゴチャしている感じがする場合は、いろんな色が溢れていないか、あなたの部屋を見渡してみてください。
部屋の中で使う色を3色以内でまとめると統一感が出てきます。類似色でまとめれば、より安定感が出てくるでしょう。
ベースとなるカラーは70%、サブカラーは25%、アクセントカラーは5%で配分するのが良いと言われています。 カーテンやカーペット、ベッドカバーなどにベースカラーを、クッションなどの小物にアクセントカラーとなる色を取り入れると変化が出て楽しい空間になります。

家具の質感やカラーを統一

質感の違う家具が混在したり、洋風、和風がばらばらな組み合わせだと、雑然とした感じになり同じ部屋でも狭く感じてしまいますので、家具の材質などをそろえるとスッキリして広く感じます。
まちまちな色合いの家具にならないよう、部屋ごとでカラーを統一してコーディネートしましょう。

家具のレイアウトを考える

部屋の模様替えの時に4隅の壁全部をふさいでしまわないようにしましょう。
家具を配置する面と配置しない面を決めて、中途半端に分散しない方がスッキリ見えます。
同じくらいの高さの家具は1つの壁面にまとめましょう。
模様替えで家具を入れ替える場合、同じ種類の家具でも、できれば低めの家具を選んだ方が部屋は広く感じます。ソファは壁にそってL字型の配置すると効果的です。
窓付近はできるだけ開いた空間にし、観葉植物などのグリーンを配置するのもいいでしょう。




お部屋を模様替えするとあなたの目に入るのは今までの見慣れた部屋とは随分様変わりします。
新鮮で綺麗な部屋に住むのは気持ちのいいもので、それだけで今まで感じていたストレスも生活のマンネリ感も、随分減るのではないでしょうか。
自分の好きなもの、心地いいものを選んで、癒しの空間づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>