家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

犬と暮らす家

番犬として飼われていた昔とは違い、忙しく疲れた飼い主の心をそっと癒してくれる犬は、家族の一員として大切な存在です。 最近、家の中で犬と一緒に暮らす人が、ますます増えているようですが、それと同時に悩みも多くなってきています。

どんな床がいいの?

犬を飼う家庭が床材を選ぶ際の基準として、掃除のしやすさ、傷つきにくさ、滑りにくさ、クッション性、交換容易性、吸音性が挙げられます。 フローリングは人間にとっては掃除がしやすく快適な床材ですが、犬にとっては滑りやすく足腰に良いとはいえません。かといってカーペットでは被毛が絡まるし、子犬だとまだトイレの失敗も多いため、洗濯できないカーペットでは不衛生になりがちです。
そこで場所別に床材を選ぶことをお勧めします。例えば、食事トレイやトイレ付近など汚れやすい場所は掃除のしやすい床材を、長時間過ごす場所や通路や階段には滑りにい床材を選ぶなどです。 フローリングの上に後から置くことができるタイルカーペットは、クッション性・吸音性もあり、洗濯や部分交換も自分でできるという点で便利です。ただしループに爪をひっかけてケガをすることがあるため、カットパイルタイプを選びましょう。また購入時には、交換用を見込んで必要枚数より多めに確保しておきましょう。

キッチンは危険がいっぱい

キッチンは食べ物がいっぱいあり、おまけに美味しい匂いもするため、好奇心旺盛な犬にとっては落ち着かない場所です。しかし、犬が食べてはいけない中毒性のある玉ねぎやチョコレート、包丁などの危険なものも多く、足元をウロウロされて踏んでしまうということもよく耳にします。 しつけも欠かせませんが、物理的にシャットアウトする方法を考えることも大事です。留守番中にキッチンを物色されても困るので、キッチンゲートや柵の設置がお勧めです。 またゴミ箱もイタズラしたくなる格好の標的です。蓋付きのゴミ箱でもよいですが、開け方を学習してしまう犬もいますので、可能であれば、造り付けの収納にゴミ箱を隠してしまうと安心です。最近ではシステムキッチンにゴミ箱をビルトインできるタイプのものもあります。

玄関からの脱走対策

庭ではリードなしで遊ばせてあげたいですが、交通事故や迷子などを回避するために、脱走対策は欠かせません。 犬が飛び出さないように、背の高いフェンスやゲートを設置しましょう。跳躍力の優れた犬もいますので運動能力を考慮した上で、犬種に合わせた対策をとることも大事です。

近隣への配慮

犬は嬉しくても寂しくても怖くても本能的に吠えてしまいますので、鳴き声が近所迷惑にならないか、気になる人も多いのではないでしょうか。 飼い主としてはトレーニングを頑張るのも当然ですが、少しでも遮音性の高い壁や窓にすることは、近隣への配慮のためだけでなく、犬にも外部のサイレン音などが聞こえにくくなるので、犬のストレス軽減のためにもなります。




犬は本能的に行動していますので、犬が怒られなくても済む環境を飼い主がつくってあげることが大切です。 人にも犬にも快適・安全に良い環境で暮らせる家が、人と犬をいい関係に保つ第一歩かもしれません。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>