家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

夏バテしない入浴方法

夏バテとは主に食欲がなくなる、体がだるく感じる、無気力になるといった症状を指し、夏バテの原因は「体内のミネラルと水分の不足、自律神経失調症、消火機能の低下と栄養不足」と言われています。

有効な夏バテ対策

夏バテ対策として有効と言われているもののひとつに入浴があります。しかし、夏の暑い日になぜわざわざ体を温める必要があるのでしょうか。
それは、自律神経と深い関わりがあります。現代は冷房の効いた屋内が多く、しかも寒さを感じるほどの強い冷房をかけている場所が増え、外との温度差が非常に高くなっています。そのため、屋外と屋内を出たり入ったりしていると体温調整をしている自律神経に異常をきたし夏バテの症状を引き起こします。

効果的な入浴方法

夏バテ防止に効果的な入浴方法は、38〜40度ほどのぬるま湯に20〜30分つかることです。ゆっくりと体を温めることでリラックス効果があり、血管が広がって血液循環が良くなります。次第に汗をかくため老廃物をからだの外へ出すことができます。
長時間お湯につかるので、のぼせないよう頭に冷たいタオルをおいたり、換気をしながら入浴するようにしましょう。

自律神経

自律神経は交感神経と副交感神経を合わせて成り立っています。ぬるま湯につかることで副交感神経の働きが活発になり、その効果としてリラックスでき、良質な睡眠をとれるようになるのです。夏バテ対策には睡眠も欠かせません。夏バテ予防に必要なのは、自律神経のバランスを整えることにあると言えるでしょう。
42度以上の熱めのお湯につかると、交換神経が活発になりリラックスどころか興奮してしまいますので注意しましょう。

水分補給

お風呂で汗をかいた後は水分補給をしましょう。汗をかくと水分だけでなく、血しょうの電解質も失われ、血液の濃度が高くなりますので水分補給は必須です。水やミネラルウォーター、スポーツ飲料をうまく組み合わせて摂るのが望ましいと言えます。夏ですからビールも有りです。
入浴前にも水分を取っておくのもいいと言われています。ただ、入浴前の飲酒は心臓に負担をかけますので避けてください。

自動お湯はり機能

最近は「自動お湯はり機能」のあるシステムバスが当たり前となってきました。温度と水量の設定をしておけばあとはボタンを押すだけでお湯をはってくれる便利で簡単なものです。勝手にお湯はりをしてくれますので、水の出しっぱなしを回避できますし温度調節が不要でエコロジーにもなります。水廻りのリフォームをお考えの方にはオススメです。




お風呂はカラスの行水なみに3分で出るよという方や、時間がなくて毎日20分お湯に浸かるのは無理という方も、この夏は「夏バテ防止に効果的な入浴方法」をなるべく心がけてみてください。
食べ物はもちろんですが、夏バテにならない環境づくりが、自身の健康管理につながります。快適なお風呂ライフでこの夏を元気に乗り切りましょう。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>