家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

屋上緑化でエコライフ

屋上緑化とは、ビルや住宅などの建築物の屋上に、芝や樹木を植えて緑化することで、断熱効果が高いことから、緑の少ない都会で導入する方が増えています。
夏場にコンクリートでできた屋上に陽が直接当たった場合、その表面温度は50℃から60℃になりますが、屋上緑化は、土などで20cm程度の植栽基盤を作り、そこに植物を植え温度を遮断するため、その下のコンクリートの温度は真夏でも一日中30℃程度でほとんど一定になるそうです。
更にその下の部屋の温度は、植栽基盤がない場合に比べて、夏場には2℃程度下がり、冬場には逆に2℃程度上がるというデータが出ています。階下に伝わる熱が減ることで、屋内の冷暖房効率が上がり、エアコンの使用度合いが軽減されるので、近年、ヒートアイランド現象の解決策として注目されており、省エネルギー効果も期待できます。

屋上緑化のメリット

  • 断熱効果・・・夏は涼しく冬は暖かい。
  • 大気の浄化・・・植物が二酸化チッソなど大気汚染の有毒物質を吸着・分解。
  • 建物の長寿命化・・・酸性雨や紫外線などによる防水層などの劣化防止。建物の膨張・収縮による劣化の軽減。
  • 保水効果による雨水流出の遅延や緩和
  • 屋外騒音の吸収

屋上緑化の問題点とその対策

・荷重の問題
荷重制限があり、一定以上の重さのものは乗せられません。そのため樹木の大きさの制限や成長の管理、材料の軽量化が必要です。
対策は、軽量人工土壌の利用、比重の少ない床材 (石材・木材)の利用、成長の遅い植物の選択などです。
・水管理の問題
地上と違い屋上の植物は水をきちんと定期的にやらなければ、その下はコンクリートなため、保水が効かずすぐに枯れてしまいます。
対策としては、自動散水設備の設置をおすすめします。一週間のローテーション式で、散水回数や散水時間を簡単に設定でき、忘れずに植物にお水をあげることができますし旅行の際も安心です。
また最近では軽量で保水性・透水性の高い人工土壌を業者が次々と開発していますので、少し割高ですが利用するといいでしょう。
・防水・排水処理の問題
防水処理の不良による水漏れで周辺への迷惑がかかる場合もあるため、工事には細心の注意が必要です。
また、排水溝が 落ち葉などで詰まる場合もあり、落葉樹などを植栽した時には落葉期の細かな掃除が不可欠となります。

植物の選び方と配置について

屋上緑化に興味があるという方にオススメの植物は、屋上緑化に適していると言われている「セダム」。手に入りやすい植物で、とても丈夫。種類によって葉や花の色は多様なので、セダムだけでバリエーションを楽しむことができます。
木を植える場合は、落葉樹は出来るだけ内側に植えてください。それは落ち葉で、お隣の家の樋(とい)が詰まったりといった迷惑をかけないようにするためです。
また、植物は種類によって成長度合いに違いがあります。屋上やバルコニーに限ったことではありませんが、成長の早い樹種は剪定管理が多くなったり、その空間に適した大きさが維持できなくなることがあります。樹木の植栽については、植物に詳しい方に相談しながら進めましょう。




まずは屋上緑化に対する理解と知識、経験のある専門会社や建築士、工務店、エクステリア専門業者に相談し、緑化計画を立てることをおすすめします。
屋上緑化を導入するためにはコストの心配もありますが、地域によっては助成金制度があるところもありますので、詳しくはお住まいの自治体におたずねください。
地球温暖化を防ぎ、住みよい環境を未来の子供達へ引き継ぐためのひとつの手段として、屋上からエコロジーを始めてみませんか。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>