家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

上棟式(建前・棟上)

地鎮祭が終わり、柱・棟・梁などの骨組みが完成すると「上棟式」を行います。
「上棟式」は建前(タテマエ)、棟上(ムネアゲ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び、感謝するものです。現在では地鎮祭のように儀式的なものではなく、施主が工事の無事と職人へのねぎらいを伝える貴重な場であり、お祝いの場としての傾向が強いようです。また工事に関わった人が集まり、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家を創り上げていこうとする意思表示の場でもあります。
昔は神主を招き、屋根の上で神事を行い、その後は親戚・ご近所一同を集めての餅撒きや宴会となる本上棟まで行っていましたが、本格的な上棟式は100万円以上の費用がかかることもあり、最近では略式の上棟式が主となっています。

上棟式の出席者

・施主と家族
・親族
・施工業者、職人
・設計士

規模が大きくなると設計士の家族やご近所の方、友人などを招待し、屋根から餅やお金を投げてご挨拶とすることもあります。

施主(建築主)が用意するもの

・塩、お神酒(1升一本)、洗米
→上棟の儀
・料理、飲み物
→宴席
・ご祝儀
→工事関係者へ(5千円〜2万円程度)
・引き出物、折り詰め等

宴席では施工業者、職人など車を運転する場合が多いのでアルコール以外を準備することも多いです。

上棟式の流れ

  1. 棟梁が棟木に幣束(ヘイグシ)を立て破魔矢を飾る
  2. 建物の四方に酒・塩・米をまいて清め上棟の儀を行う
  3. 上棟の儀の後、施主のあいさつ、乾杯を行い直会(宴会)へ
  4. 工事に関わっている職人の紹介
  5. 施主から職人へご祝儀を渡す
  6. お開き・手締めを行う
地方によって規模や程度がずいぶん異なりますので、施工業者や設計士と相談して準備を進めるとよいでしょう。

上棟式にかかる費用

・ご祝儀(頭や棟梁、建設業者責任者、設計者など):1万円
・ご祝儀(各職方):5千円
・御神酒、米、塩、山の幸、海の幸などの神饌物:1〜2万円
・折り詰め類:一人当たり2千円程度
・つまみや酒肴:2〜3万円

規模や出席者にもよりますが10万円〜30万円程度です。規模や地域性なども含めて少し早めに業者さんに相談してみるとよいでしょう。

上棟式の服装

特に改まる必要はありませんが、ジーンズは避けた方がよいようです。
棟が上がった状態の中で行いますので、ヒールの高い靴やスーツ、ドレスではなく動きやすい服装がよいでしょう。




現在では建売住宅が多いことや、ご近所関係の希薄さから地鎮祭同様、上棟式を行わない人も増えています。
人それぞれ考え方は異なりますが、これから自分や家族が何十年と暮らしていく家に対しての魔よけやお清めの儀式であり、実際に家を建てる職人達と共に工事の安全を願う上棟式は、家の骨組みが完成する一つのけじめとしてよい機会ではないでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>