家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

家事動線(導線)

家事動線とは、炊事や洗濯などの家事を行うときに移動する道筋です。
効率的にプランニングされていれば、ストレスのない暮らしやすい家になります。

ゾーニング

家族みんなでどのような生活パターンとなるのかを紙に書いていきます。リビングとキッチンの関係や洗面所との位置などを大まかに書き入れることで、各々の生活動線が明確になり、遠回りしないプランニングが可能です。

水周りは直線上に配置

洗面所とキッチン、ユーティリティースペース(家事室)を直線で配置することにより無駄な動きをなくし、スムーズな家事が確立できます。またお子様の動きも確認でき、安心です。
・お風呂に入っている子供の様子をうかがえる
・料理をしながら洗濯機をまわせる
・子供の手洗いやハミガキしている所をキッチンにいながら見られる
・洗面所のドアを開けていれば、キッチンの暖房や冷房が届くので快適になる

洗面所と洗濯干し場の関係

キッチンと洗面所が近いよりも洗面所(洗濯機)と洗濯干し場が近いほうが効率的ともいえます。洗面所に勝手口を設け、洗濯干し場へとつながる動線ができると、重い洗濯物を持って歩く距離も短く、スムーズな家事動線です。しかし1階に洗濯干し場を設けるスペースが確保できなかったり、人の目線が気になったりと、難しい問題でもあります。
2階のバルコニーに洗濯干し場を設ける事が多いので、洗面所と階段、バルコニーの動線を確認することが大切です。

洗濯物はどこでたたむ?

家事動線で主にプランニングされるのは水周りですが、洗濯干し場と洗濯物をたたむ場所、片付ける場所との関係も重要です。
2階のバルコニーから洗濯物を取り込み、1階のリビングでたたみ、2階のクローゼットに片付ける、となると家の中を行ったり来たりしないといけません。
2階にユーティリティースペースを設けることが出来ればいいですが、寝室等の一部に洋服をたたんだり、アイロンをかけたり出来るスペースを確保するとスムーズです。




それぞれの家族が違った暮らしをしていますので、自分たちの生活に合った動線を検討しましょう。そのためには家族でしっかり話し合い、家族全員が条件を把握し、納得してからプランニングすることが必要です。
またプランが出来上がれば、図面上で1日の行動をペンでなぞると、無駄なスペースや必要な距離などが理解でき、思ってもいなかった発見が出来るかもしれません。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>