家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

ガレージは男の秘密基地

車やバイクが好きな男性はたくさんいらっしゃいますね。十分に手を掛けた愛車を眺めながらゆったりとお酒を飲む、などという夢をお持ちのご主人も多いのではないでしょうか。
なかなか趣味専用の部屋を設けるのは難しいと思いますが、ガレージを「ただ停めておくだけ」という概念ではない「遊び場」・「趣味室」としての場所に造り替え、ワンランク上の生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ガレージハウス(インナーガレージ、ビルトインガレージ)とは

ガレージハウスとは、居住スペースとガレージが一体となった住空間です。リビングから愛車が見える、器具や工具などが整っており整備が出来る、など愛車を生活の一部として取り込みたい方のためのガレージです。また、車やバイクのみならず、ジェットスキーを停める、サーフボードを収納する・メンテナンスするなど様々な使用方法があります。

ガレージハウスは大きく2種類に分けられます。
・見るためのガレージハウス
リビングや寝室などから愛車を眺めることができる間取りです。ガレージとリビングなどをガラスで間仕切り、くつろぎながら眺めて楽しむのはショーウィンドウやギャラリーのような感覚です。
この場合、工具などは出来るだけ隠し、ピカピカに磨かれた車とおしゃれな観葉植物など、インテリアにもこだわりたいですね。
・ピットのようなガレージハウス
器具や工具をずらっと並べて、まるで整備工場のようなガレージハウスです。「眺める」よりも「いじる」ことが好きな方にお奨めです。
庭に置いてある邪魔なタイヤや奥さまに煙たがられている工具なども、ガレージにかっこよく整頓すれば、すてきな趣味空間の出来上がりです。

ガレージハウスのデメリット

ガレージハウスは屋根が必要となるため、建ぺい率などの建築面積に関わってきます。そのため、カーポートやガレージとして予定していた部分にそのまま建てられる、というわけにはいきません。(詳しくは工務店、建設会社にご相談下さい)
つまり、敷地に余裕がないと広くゆとりのあるガレージも作れませんし、ガレージのせいでリビングが狭くなってしまうようであれば、奥さまへの説得も難しくなってしまいます。
住まいとガレージのバランスを考えた設計の検討が必要です。

ガレージハウスのプランニング

敷地も奥さまのご機嫌も万全、となれば次はプランニングです。
大切だからと2台3台ときゅうきゅうに詰め込んで入れるのではなく、本当に大切な1台を余裕を持って置いたほうがすてきですね。
また、わざわざ玄関から回ってガレージに入るのではなく、室内からの動線をうまく繋げることで家族との距離も近くなり、子供たちにとっても楽しいガレージとなるでしょう。
ガレージをどのような用途で使用したいのか、いろいろと想像してみてください。

ガレージハウスを建てるときの注意点

今、大切な愛車は5年後、10年後には変わるかもしれません。以下のことに気をつけてガレージハウスを設計することが大切です。
・車高の変化
・入り口の開閉方法
・排気ガスの換気方法
・防水性
・汚れにくい壁、天井
・洗面台の設置
・車の場合、ドアを開けても狭くないか
他にガレージ内で作業をすることを考え、照明を多めに設置することや、コンセントの位置の検討などが必要です。また、運転が苦手な家族がいる場合は、車止めがあると安心です。ガレージハウスの壁に衝突、などということは避けたいですね。





子供の頃こっそりと遊んだ秘密基地のように、友人や仲間を招いて趣味の話をしたい、そんな男性の願いをかなえるガレージハウス。車やバイクを置いておくためだけの場所ではなく、趣味のスペースとしてのガレージを検討されてはいかがでしょうか?
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>