家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

階段はどこに作る?リビングと階段の関係

以前は玄関を開けると廊下があり、その奥や横から2階につながる階段がある間取りが当たり前でした。そんな中「頭の良い子が育つ家」という本にリビング階段が紹介され、リビングに階段のある間取りが人気となったようです。家族同士が顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションが取れる開放的なリビング階段は、子供の成長や教育に良いとされています。
その一方で、暖房が効きにくく光熱費が高くつくことや、お客様が来られたときの問題を気にされる方が多いのも現状です。家を建てる際にはそれぞれの良い部分、悪い部分を理解して納得した上でプランニングしなければいけません。

リビング階段のメリット

・子供が帰ってきたとき、自室に行く前に必ず顔を合わせられる
学校から帰ってきた子供が2階の自室に行くとき、必ずリビングを通るので自然に「ただいま」「おかえり」のコミュニケーションが生まれます。また、子供がどこかに出かけるときも同様です。「どこいくの?」「いってきます」「気をつけてね」と声をかけることができ、思春期や難しい年頃でも顔も合わせずに自分の部屋に行ってしまうのを防げます。
これがリビング階段の一番のメリットと考えられるのではないでしょうか。
・子供の友人を把握できる
子供が友人を招いたときも顔を合わせ、挨拶をし、家庭ではわからない子供の様子を伺うことができます。
・リビングが広くなる
階段をリビングに配置することで廊下が不要になり、リビングやその他の部屋を広く使えます。また、リビングに上下の広がりが出来るので開放感があり、間取りによっては2階へ差し込む光を取り込むことが可能です。
・夏場の風通しがよくなる
階段の上に窓がある場合ですが、暑い空気は上へと上がるため階段の上方の窓から暑い空気を排出してくれます。夏場は涼しい空気が1階に流れるので過ごしやすいでしょう。

リビング階段のデメリット

・暖房が効きにくい
1階と2階の仕切りがないので、暖かい空気は上部へ、冷たい空気は下部に下りてきます。また、LDKがひとつながりの場合、かなり広い空間になってしまいますので、やはり光熱費が気になります。
・来客時の問題
ご主人や奥さまのお客様が来られている場合、リビングを必ず通らないといけないとなると、年頃の娘さんがいる場合はお風呂やトイレに行くのに気を使ってしまいます。また、大きくなった子供の友人が遊びに来た時など、リビングを常にキレイにしておかなくてはなりません。
・音が漏れやすい
開放的な空間となるため、1階と2階の音が筒抜けになってしまいます。
特に夜間、子供が小さいときは1階の夫婦が声を潜めないといけませんし、子供が大きくなり遅くまでリビングでテレビを見たりすると音量に気をつけなければなりません。


では、それぞれを踏まえた理想的なリビングと階段の関係を考えてみましょう。

・リビング階段に扉を設ける
リビングから階段への入り口に扉を設けます。夏は開放したいので、引き戸の方が良いでしょう。吹き抜けのリビング階段では難しいですが、暖房対策にはかなり効果的です。
・リビングの奥に階段を設ける
玄関→リビング→階段という動線にすることで必ずリビングを通ります。また、水周りを階段側にプランニングすれば、来客時も気兼ねなくお風呂やトイレを使用することが出来ます。
・居心地の良いリビングにする
子供がすぐに自室に閉じこもらない、居心地の良いリビングにします。子供部屋にテレビやゲーム機、パソコンなどを置かず、リビングに子供の居場所を作ってあげ、家族で過ごす時間を増やしましょう。




家族のコミュニケーションをうまく取る役割の多いリビング階段ですが、リビングに階段を設けることはあくまでひとつの手段で、どのようにコミュニケーションを取るのか、ということが一番大切です。子供が大きくなって、リビング階段が居心地の悪い存在にならないようにしっかり検討したいものですね。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>