家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

薪ストーブ・暖炉のある暮らし

今年もクリスマスの季節がやってきました。みなさんのお住まいにはサンタクロースの入口はありますか?子供の頃、煙突のない我が家には来てくれないのではないか、とハラハラしたものです。

そのためではないのでしょうが、近年、薪ストーブや暖炉が人気です。
体の芯からぽかぽかと暖め、家全体を陽だまりのように心地良くしてくれるのはもちろん、ゆれる炎を見ているだけでもぬくもりが感じられます。
最近ではホームセンターでも簡単に手に入る薪ストーブですが、コンセントをつなげるだけの電気ストーブや、タイマー機能のあるガスファンヒーター・石油ストーブとは違い、薪の調達やメンテナンスなど、それなりに手間がかかります。
憧れの薪ストーブや暖炉。一体どれくらい大変なのでしょうか。

薪の調達と保存

まずは燃料となる薪を調達しなければいけません。ご自身の山を持っていて自由に伐採できる方にとっては燃料費はほぼタダですが、購入するとなると石油以上のコストがかかるとも言われています。また手斧で薪割りをするのは体力や時間の面からも現実的ではありませんので、チェーンソーなどの設備も必要となります。
さらに、薪の保存場所も検討しておく必要があります。重く嵩のある薪は持ち運びも大変ですので、出来るだけ近くに保存しておくべきでしょう。

近隣への配慮

煙突から出るすすや灰、黒煙は近隣住民にとっては大変な迷惑となります。洗濯物が真っ黒になったり、窓ガラスに黒い水滴が付いたりと、クレームになりかねません。住宅密集地での薪ストーブ、暖炉の設置はなかなか難しいかもしれません。

暖まるまでが大変

近年のファンヒーターや電気ストーブ、石油ストーブはスイッチを押すとすぐに暖かい風が出てきます。また、夜にタイマー設定をしておけば寒い朝を迎えることもありません。しかし、薪ストーブで部屋を暖めるには大変時間がかかります。
バーベキューと同じで、最初は小さな火からおこし、徐々に大きくしていきます。まずは部屋全体を暖めますので、暖かい、と感じるまでにはかなりの時間を要します。
消すときも同じです。水をかけたりしてはいけませんので、常に薪の量を考えておかなければなりません。
しかし慣れてくると、夜間の薪の量を把握でき、朝までポカポカと暖かい状態を調整することが出来ます。
また部屋全体を暖かくしてくれる薪ストーブとは違い、暖炉は火のある前部分だけが暖かいので、設置にはしっかり検討する必要がありますね。

メンテナンス

やはり大変なのは煙突掃除です。煙突掃除を怠ると、煙が室内に戻ったり、すすやタールで煙突がふさがってしまったりする可能性があります。ご自身で掃除することも可能ですが、年に一度は専門業者にお願いするのが理想的でしょう。

薪ストーブ、暖炉の魅力

いろいろ大変!と言いつつも、やはり魅力的な薪ストーブや暖炉。火をくべながら薪ストーブの上でお料理したり、暖炉の前で本を読みながらうたたねをしたり。炎を見ながらゆったりと過ごす、憧れの時間ですね。
大変さに見合うだけの、予想以上のぬくもりをもたらしてくれるかもしれません。




薪ストーブや暖炉は暖房器具としてというよりも、趣味や嗜好品に近いかもしれません。薪の調達や薪割りを楽しんで出来ないと、せっかくの高価な嗜好品もインテリアの一部になってしまいます。
薪ストーブや暖炉でゆとりある暮らしをしてみたいものですね。
イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>