家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

もう一度考える地震対策

記憶に新しい昨年3月の東日本大震災。未曾有の大地震、津波、原発事故の恐怖は計り知れないものがありました。地震が残した傷跡はとても大きなものですが、現地の方々は徐々に復興に向け立ち上がろうとしています。

日本は言わずと知れた地震大国であり、大きな地震が起こる危険と常に隣り合わせです。被害を最小限に抑え、いかに被害を抑えることができるかは、住まいの地震対策や日ごろからの備えが大変重要です。今一度、しっかりと地震対策が出来ているかを再確認し、どんなときでも焦らず対処できるように準備しておきましょう。

家具・家電の転倒、落下防止

地震では家具や家電の転倒による負傷や逃げ遅れが、後の大きな事故につながります。部屋のドアや玄関扉の前に家具が倒れ、出入り口が塞がれるとどうすることも出来ません。
今のお住まいが危険な状態ではないか、チェックしてみましょう。

□ 部屋の出入口付近や廊下階段などに家具や家電を置いていませんか?
□ 本棚、タンス、食器棚などの大型家具にはポール式器具、ベルト式器具、家具転倒防止器具などの転倒防止対策は万全ですか?
□ 冷蔵庫、電子レンジ、テレビなどの家電には転倒防止、落下防止対策は行なわれていますか?
□ 棚の上の方に重いものを置いていませんか?
□ 寝室や子供室、高齢者の部屋に背の高い家具を置いていませんか?

テレビやパソコンの落下防止を忘れることが多く、倒れてきたり使い物にならなくなった、という話をよく聞きますが、電気やネットワークが遮断されていなければ、地震情報や状況などを入手するために大変重要になります。耐震マットや耐震シート、チェーン式器具を使用し、しっかりと保護することが大切です。

二次災害への注意

地震による二次災害で被害が大きいのが火災です。火の元は数日家をあけるときだけでなく、毎晩元栓をしっかり締めましょう。また、ガスファンヒーターの元栓や電気温水器の種火も同様です。
また、窓ガラスが割れて飛び散ると、家から脱出する際に大きな障害になってしまいますので、こちらも対策が必要です。

□ ガスコンロの元栓は使用時以外締めていますか?
□ 電気温水器の種火は使用時以外消していますか?
□ ガスファンヒーターの元栓は使用時以外締めていますか?
□ ガラス飛散防止フィルムは貼っていますか?

阪神大震災で起こった火事の6割が通電火災だといわれています。地震で地割れし、ガスが吹き出ているところに電気が復旧することで、引火するケースです。
地震が起こって停電になれば、ブレーカーを落としておくことを忘れないでおきましょう。

貴重品は奥にしまわない

防犯のため、貴重品を入口から遠い部屋やタンスの奥、テレビ台などにしまう方が多いかと思いますが、奥の部屋に行っている間に火事や津波が起こる可能性があります。また、タンスが倒れて取り出せなくなることや、テレビ台がつぶれてしまうこともあります。本当に大切なものは銀行に預けるなどし、非常時に出来る限り不要な行動を省けるように、防災用品などは下駄箱に入れておくのがいいでしょう。

情報に惑わされない

東日本大震災の際にも多く出回ったチェーンメールやデマですが、被災地ではもっと多くのうわさや不明瞭な情報が飛び交います。よくない情報ほど早く、大きくなって広がりますので、情報に左右されないようにしなければなりません。デマに惑わされないためには、教えてくれた人に「誰から」「どのような方法で聞いたか」を確認する必要があります。また、あやふやな情報は絶対に人に伝えないこと。インターネットの内容を鵜呑みにしないことが重要です。まずは発信源を明確にしましょう。




地震や津波、火災から身を守るには、すばやい行動と確かな判断力が必要です。前もって地震対策を意識し家族間でどこに避難するか、どこに連絡するかを決めておきましょう。もし離れ離れになっても離れた地域の親戚に連絡する、というルールを決めておけば双方での安否確認が可能です。
日ごろからの意識が、非常時に正しい判断ができるかどうかを分ける、一瞬の落ち着きを産むのではないでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>