家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

太陽光発電って?

太陽からのエネルギーである太陽光を太陽電池で電気に変える「太陽光発電」。環境問題が注目されている現在、あらゆるものに太陽光発電が取り入れられています。

1994年ごろから一般に普及し始めた太陽光発電(ソーラーパネル)ですが、いつかは導入したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。設置した後に困らないよう、メリットだけではなく、太陽光発電のデメリットも知っておく必要がありそうです。

太陽光発電のメリット

・クリーンなエネルギー
化石燃料を利用した火力発電などとは違い、太陽光発電は太陽がある限り発電をし続けることができ、燃料が枯渇することがありません。また、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や有害な排気ガスを排出しません。
・電気代がお得に
自宅で発電した電気を使用するので、電気代は格段に安くなります。昼間発電した電気を利用して、夜間の電気代が安くなる電気料金メニューを利用すれば、さらに効率的に電気代を減らすことができます。
また発電後に使用しても余った電気は、電力会社へ売ることができます。
・オール電化でさらにお得
時間帯別電灯契約(昼間は高い電気料金・夜間は安い電気料金)を利用することで、オール電化がますますお得になります。
昼間は太陽光発電で電気をまかない、電気の安くなる夜間に電気温水器やエコキュートでお湯を沸かしたり、食器洗い乾燥機などを使用したりすれば経済的です。
・電気の管理意識が高まる
電気の発電量をチェックすることで、一日の消費電力を調べることができ、ムダを見つけやすくなります。
・災害時にも電気が使える
災害で停電になった場合でも、発電した電気を使用できます。

太陽光発電のデメリット

・お天気に左右される
「エネルギー源=太陽」なので、雨の日や曇りなど太陽が隠れてしまった場合や、夜間は発電することができません。
・導入コスト
太陽光発電の初期費用は、システムの規模にもよりますが180〜200万円台になることが多く、3kwクラスのソーラーシステムなら180万円程度、4kwクラスの規模では240万円程度になってきます。またこの初期費用が回収できるようになるには20年という長い歳月が必要であることもわかってきました。
ただし、国・都道府県・市区町村からそれぞれ補助金が交付されている場合があります。補助金の募集時期や申請方法は地域によって異なりますので、お近くの工務店などに一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。
・地域などの環境差
設置方向によって、太陽の入射角が変化しますので、発電効率が変化します。
真南に傾斜角30度で設置すると、もっとも効率がいいといわれていますが、屋根形状や向きによっては効率のよい発電ができない事もあります。
・真夏の発電効率はダウン気味
季節による『日照時間の変化』と『外気温の変化』により発電量は変わりますが、意外に真夏の7月8月の発電効率は、春や秋に比べて低いことが実証されています。太陽電池は、温度が上昇すると出力電圧が低下し、発電効率が夏場で20%ほど低下するようです。


どんなものにもメリットやデメリットはつきもの。それらをしっかり把握した上で利用することが大切です。
地球環境のことを考えて「エアコンの設定温度を下げる」「テレビや電灯のつけっぱなしをしない」などの省エネ対策を実施することはもちろん、導入コストが比較的高いデメリットはありますが、地球温暖化・海面上昇・大気汚染・水質汚染・土壌汚染などを引き起こす化石燃料を使用した火力発電を減らし、持続可能性の高い分散型エネルギー源で、クリーンな太陽光発電を増やすことが求められているのではないでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>