家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

夏と節電と熱中症

各地で梅雨も明け、いよいよ夏本番、暑い季節の到来です。
今夏の気温は平年並みか平年よりやや高いという予報ですが、すでに毎日のように熱中症による救急搬送などのニュースを目にします。
昨年に引き続き節電の夏、TVなどではさかんに冷感グッズなどの特集を行っていますが、「健康には自信があるから自分は大丈夫」と聞き流していた方も、熱中症について改めて考えてみましょう。

熱中症の基礎知識

熱中症とは、「暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称」とされ、3段階の"重症度"が設定されています。

○I度・・・現場での応急処置で回復できる軽症
症状:めまい・失神、筋肉の硬直、大量の汗

○II度・・・医療機関への搬送や受診を必要とする中等症
症状:頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

○III度・・・入院して集中治療の必要性がある重症
症状:意識障害、痙攣、手足の運動障害、高体温

こどもや高齢者、心臓病や糖尿秒などの持病のある人など、"熱中症弱者"と呼ばれる、熱中症に対してリスクを持っている人は注意が必要です。
特に高齢者はIII度、つまり重症化しやすいと言われています。その原因として、暑さそのものを感じにくい、汗をかく量が少ない、体に水分量が少ないことが上げられます。
また、こどもの患者にはI度が多いとされていますが、体温調節機能や汗腺が十分に発達しておらず、体が小さい分、少しの水分量の変化でも影響を受けやすいので、常に注意してあげる必要があります。

様々な熱中症対策

・水分・塩分を補給する
真水は大量に飲むのが難しいため、身体が必要な分量を摂取するのが困難な場合があります。その点スポーツドリンクは吸収率が高いものが多く、水分・塩分を同時に補給できるためおすすめです。逆にアルコールは利尿作用が高いために逆効果です。暑い日にはビールが飲みたくなる方も多いと思いますが、水分補給の観点からはおすすめできません。
・身体を冷やす
体温上昇を抑えることも熱中症の予防に重要です。エアコンをつけない場合でも、首や腋、足の付け根などに氷を当てたり、話題の冷感グッズなどを利用するのも有効でしょう。
・室温の上昇を抑える
熱中症は室内の方が死亡率が高いというデータがあるほどで、室温の上昇を最低限に抑えることはとても重要です。まずは現在の環境を見直してみましょう。
たとえば築年数が古い家の場合、壁や屋根に断熱材を全く使ってない場合があります。ヒートアイランド現象や温暖化の影響で猛暑日になることも少なくない現在、住宅に断熱・遮熱の概念は必須とも言えます。
直射日光や輻射熱をさえぎるため、外壁に遮熱性塗料を塗布する、近年人気の壁面緑化、いわゆる"緑のカーテン"を採用する、昔ながらのすだれを窓にかける、日光が差し込む前にカーテンを閉める、など、ご自宅でできる対策は多々あります。



様々な熱中症対策がありますが、やはりエアコンは湿度を下げる効果もあるため、とても有効です。節電には配慮しなければなりませんが、それで身体を壊してはどうしようもありません。
自宅でエアコンをつけなくても、電力需要のピークと言われる13時〜15時にはショッピングセンターなどの人の集まる場所で涼をとるなど、「がまんをしない」節電を心がけ、暑い夏を乗り越えてくださいね。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>