家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

和室のある贅沢空間、和室活用法

新築の際にまず考えるのが、間取りについて。リビング、キッチンなど主要な部屋から考えていくと思いますが、「和室」を設けるべきかどうか迷う方も多いのではないでしょうか。
洋風住宅が新築住宅の主流となった現在、和室が本当に必要なのか、改めて考えてみましょう。

「座敷」としての伝統的な和室

「和室」と言ってまず思い浮かべるのが、障子や襖で仕切られ、床の間や書院、鴨居や長押がある伝統的な和室でしょう。普段は仏間・応接間として利用し、来客時には布団を敷き、客間として利用するといったイメージです。
こういった伝統的な和室は、趣もあり、日本人にとって気分が落ち着く空間であることは確かなのですが、洋風住宅の場合、「来客もそれほど多くないし、客間は必要ない」「使用頻度が低い和室を設けるのはもったいない」と考える方が増えているのも事実です。

多目的スペースとしての和室

確かに和室を客間に限定して捉えると、使用頻度が低いと考えてしまうかもしれません。しかし、和室の元来の最も大きな魅力は、その用途の多様さです。
例えば、洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりなど、家事スペースとして。夜は布団を引いて寝室として。ごろっと横になれる、セカンドリビングとして。もちろん来客時は客間として。
特に、お子様のいるご家庭では、おむつを替えたり、昼寝をさせたり、何かと重宝することでしょう。また、和室につきものの天袋付きの押入れも、クローゼットとはまた違った、大容量の収納として大変便利です。

和室を活用するために

和室をフリースペースとして利用する際に重要なのは、できるだけタンスなどの大きな家具を置かないことです。自由に使えるスペースが減ってしまうと用途が限られてしまい、客間にも使いにくい、ただの物置になってしまいかねません。




「独立した和室を設ける余裕がない」という場合でも、マンションなどで増えている、洋風のリビング・ダイニングと2間続きの小上がりの和室スペースを設けるという方法もあります。リビングの延長として開放感がありますし、来客時には襖を閉めることにより、客室として使用できます。

「用途が思いつかない」ということは、逆に考えれば「何にでも使用できる」と言うことです。特に都市部の住宅では、住居スペースが大きくとれないからこそ、「万能空間」としての和室を見直してみてはいかがでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>