家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

平屋暮らし

一戸建て住宅といえば「2階」「3階」建てが一般的な日本。しかし団塊の世代が退職をむかえる今、田舎暮らしや古民家再生人気も相まって、日本の風土に合った昔ながらの家屋であり、屋外と室内が感覚的に近いワンフロアの住まいである「平屋建て」の需要が高まってきているようです。

平屋とは?

平屋は、古くから幅広い用途の建築物に用いられてきました。2階建て以上の建築物と比較すると、階段などの垂直方向の移動設備が不要で、動線が水平方向のみで構成されるため、平面計画が容易であるという特徴を持っています。また平屋は、商品の搬入などが容易で、客に目が届きやすいという特徴もあるため、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの商業施設で多用されています。そして、人の目が行き届きやすく、人の移動が容易であるため、幼児向け施設や高齢者住宅にも適しています。

平屋の良さ

生活空間がワンフロアになることで階段の上り下りの負担がなくなり、老後にもやさしい家づくりが可能です。平屋の一番の特徴は、日々の生活を全て1階だけで過ごせるので家族一人一人の動きを感じ取れるということ。一つのフロアに個々の空間が繋がり、どこにいても家族の声が聞こえてくるのが平屋建て住宅の魅力です。

  • 階段の上り下りが無い為、掃除がしやすい。
  • ベランダのある2階に行かなくても洗濯物が干せる。
  • 部屋の仕切りが少ないため、温度差が少なく「ヒートショック対策」に効果的。
  • 地面との距離が近く、いつも庭の土や緑を感じながら暮らせる。

平屋のデメリット

2・3階建てに比べて、基礎が広くなり屋根材なども増えるため、どうしても坪単価が高くなってしまう平屋。また同じだけの延べ床面積を確保しようとなると、広い土地が必要になります。
防犯の面から道路などの外部に面した部屋を作らないと、中心部分に部屋が集中し、窓からの採光が届かず、少し薄暗い印象になってしまいます。また外壁面積が少なくなり、おのずと窓が設置できる面積も減ってしまいます。

デメリットを解消する工夫

上記にあげたデメリットの中で、土地の問題は、都心部ではどうしても難しいですが、それ以外は工夫次第で解決できます。

  • 中心部分に中庭を設けて、採光と通風を確保。
  • 天窓(トップライト)などの工夫で、外壁面積の少なさをカバーする。
  • 防犯対策として、防犯ガラス/防犯フィルム/面格子の採用。防犯システムの導入。
  • ご近所からもわかるように、外構をオープンにする。 など



年を重ねるにつれて「平屋」への憧れが強くなるように思います。
庭の緑、広がる空、通り抜ける風。その中で洗濯物を干す・・・洗剤のCMのような暮らし。縁側でお茶を飲みながら、庭を眺める・・・。
いつかは実現したいものですね。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>