家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

今さら聞けない?シックハウス症候群

かつての日本家屋のほとんどは木造建築であり、気密性がそれほど高くなかったため、換気に特別配慮する必要はありませんでした。しかし建築技術の進歩により、現在の住宅は高い気密性を持ち、建材には様々な化学物質を使用するようになりました。
この気密性の高さと化学物質が、家の現代病とも言うべき「シックハウス症候群」を引き起こす可能性をはらんでいるのです。

テレビなどで話題になって久しいシックハウス症候群ですが、改めて原因と対策を考えてみましょう。

シックハウス症候群とは

シックハウス症候群とは住宅の建材や家具などに使われる化学物質によって引き起こされる倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良のことです。
化学物質の中には体に悪影響を与える可能性のあるものも含まれていますが、その物質が機密性の高い家の中にいつまでも充満している状態にあることにより引き起こされます。

原因物質

では、どのような化学物質が有害となるのでしょうか。
建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒドが代表的な原因物質ですが、その他にもキシレン・ベンゼン・トルエンなどがあります。また化学物質だけでなくカビやダニのフンや死骸なども、空気を汚染しアレルギーの原因となります。

シックハウス対策

現在は建築基準法の改正によりホルムアルデヒドを使った建材の制限や、換気設備設置の義務付けが定められていますが、それだけで原因物質を全て取り除くことは不可能です。
そのため、シックハウスについて意識を持ち新築時や日常生活の中で自分にできる対策を考えていくことが重要です。

シックハウスの予防対策をいくつかご紹介します。

  • こまめな換気を心掛けましょう。換気により原因物質が長時間滞留することを防ぎます。
    これは自分でできる簡単で効果的な対策です。
  • 新築時や、新居への引越しの際は換気がどのように行われるかチェックしておきましょう。
  • 新居に引っ越した後に体調の異変を感じたら、まず家から離れ業者に連絡しましょう。
  • リフォームの場合には見た目だけでなく、シックハウス対策にも気を配りましょう。
  • マンションの場合は戸建てよりも気密性が高いので、換気にもより強い意識が必要です。空調と換気扇を併用するのもいいでしょう。
  • ダニの糞・死骸などの除去にはこまめな換気はもちろん、高性能なフィルターを持つ掃除機や空気清浄機の使用も効果的です。



シックハウス症候群は原因の特定が難しく、一度発症すると症状の改善が困難であると言われています。
家族がシックハウス症候群で苦しまないためにも、簡単にできて効果的な防衛策である「換気」をこころがけましょう。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>