家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

人ごとじゃない!住宅の防犯対策

暦の上ではもう初夏、ずいぶん暖かくなり、過ごしやすくなりました。
暖かくなってくると、玄関や窓を開け放しておくこともあると思いますが、そうなると心配なのは防犯についてです。

泥棒、すなわち侵入窃盗の被害のうち、半数以上が一般住宅です。住宅の場合、財産だけでなく家族の命も危険にさらされるため、住宅の防犯対策は重要な問題です。
防犯対策には、犯罪の起こりにくい環境作りや、地域の防犯活動なども不可欠ですが、個人でできる住宅の防犯対策について、基本的なことをおさらいしておきましょう。

玄関

玄関は1ドア2ロックにすると効果的です。侵入までに5分以上かかると、約7割の泥棒はあきらめるというデータがあります。

一戸建て住宅、共同住宅とも、最も多い侵入口は窓です。窓ガラスのサッシは補助錠が付いているものにしましょう。施錠できる雨戸も有効です。

2階への侵入防止

塀、カーポート、雨樋、植木、物置などが足場となり、2階へ侵入される場合があります。家の周囲を点検し、そのような場所が無いか確認しましょう。また、2階の窓も必ず施錠するようにしましょう。

死角を無くす

塀や垣根は外部からの視線をさえぎり、侵入者の隠れ場所になります。塀や垣根は低くして見通しを良くしましょう。

照明

夜間は常時門灯を点け、暗い場所や車庫、玄関などには人の動きに反応するセンサーライトが効果的です。

外出するときは

数分・短時間の外出であっても、窓や玄関の鍵は必ず掛けるようにしましょう。

長期不在

ポストに新聞や郵便物が溜まっていると、留守であることが一目で分かってしまいます。
長期間留守にする場合は、新聞配達所に連絡して配達を止め、郵便局へ不在届を出しましょう。

カメラ付きインターフォン

侵入者がインターフォンで留守宅かどうかをチェックする場合があります。
カメラ付きインターフォンであれば相手の顔が確認でき、録画機能のある機種であれば留守中の来訪も確認できます。




テレビや雑誌など、防犯対策について目にする機会は多いと思いますが、どうしても人ごととして考えてしまいがちです。被害を受けてからでは後悔してもしきれません。
夏が来る前に、一度お住まいの防犯対策を見直してみてはいかがでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>