家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

女性に人気のウォークインクローゼット

「ウォークインクローゼット」とはその名の通り、歩いて入る事ができるクローゼットの事です。住宅の間取図に「WIC」や「WCL」と書いてあれば、ウォークインクローゼット(Walk In Closet)のことです。
衣類だけでなく靴やバッグなども収納できるため、出かけるときの身支度が1カ所ででき、女性に人気の収納スペースです。

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

メリットは、身に着けるものやカバン、スーツケースなどをまとめて1か所に収納できるため、あちこち探す必要がなく、衣類や鞄、靴などを沢山持っている人にはとても便利なスペースです。また部屋もすっきりし掃除もしやすくなります。
デメリットは、クローゼット内で移動できるスペースが必要になるため、壁面クローゼットに比べて面積あたりの収納数が少なくなることです。 ウォークインクローゼットは、限られた面積に洋服をたくさん収納するには不向きで、洋服以外の物もまとめて1箇所に収納するのに向いています。リフォームで壁面クローゼットかウォークインクローゼット迷っている方は、ご自分の生活スタイルや収納する物の種類と量を考えて、どちらが使いやすいかを決めましょう。

ウォークインクローゼットに必要な広さは?

ウォークインクローゼットは1.8m×1.35m程度の広さがあれば作ることができますが、良さを活かすには2m×2m程度の広さがあったほうがいいでしょう。幅が2mあれば左右両側に洋服を吊るすことができ、通路も十分確保できます。

リフォームでウォークインクローゼットを作るときの注意点

使わなくなった部屋をウォークインクローゼットにするケースも多くありますが、断熱効果が低い家は外壁に面した壁に結露しやすく、クローゼットにすることで風通しが悪くなり、衣類などの収納物にダメージを与えてしまう恐れがあります。また、窓がある場合はさらに結露しやすく、窓から入ってくる光によって収納物の色あせの原因ともなります。 リフォームでウォークインクローゼットを作る場合は、壁面の断熱、換気設備の設置、内窓の取り付けなど結露対策を十分行う必要がありますので、リフォームをお願いする工務店や業者に相談してみましょう。

ウォークインクローゼットを物置にしないための工夫

広い収納スペースを確保できるウォークインクローゼットはいろいろと収納できるため非常に便利ですが、その反面上手に収納できないとあらゆる物を雑多に詰め込んだ物置部屋になってしまいます。
使いやすいウォークインクローゼットにするには、クローゼット用収納パーツを活用しましょう。クローゼット用収納パーツには棚や引き出しセットなど色々なパーツがあります。
また、ハンガーラックを使うのも一つの方法です。毎日使う衣類はすぐに取り出しやすいように入り口配置するなど、使用頻度によって配置を考えると使い勝手がアップします。またキャスター付きのハンガーラックを利用して夏物と冬物を分けると、ハンガーラックの配置を変えるだけで衣替えを楽にできるようになります。




最近は収納力のあるウォークインクローゼットを設ける人が多くなっています。また、ふたつの寝室の間に通路としてウォークスルークローゼットを設ける方法もあり、こちらは通気性に優れ掃除もしやすいといったメリットがあります。
ウォークインクローゼットを作るときは間取り全体から実際の使い勝手をよく考えて作るようにしましょう。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>