家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

サンルームで安らぎの時間を過ごす 前編

日に日に涼しくなり、日差しの恋しい季節になってきましたね。
こんな季節は、サンルームで陽光を浴び、ゆっくり気持ちのいい安らぎの時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

サンルームとは、屋根や戸、壁などをガラス張りにして、日光を多くとり入れられるようにした部屋のことで、リビングなどに隣接して作られます。
断熱工法やデザインの進化によって様々な利用方法が可能になっています。
・リビングの延長としての居心地の良い空間
・洗濯物を干したり観葉植物を育てたりする家事や趣味のスペース など

住宅をリフォームする際に、増築に比べ手軽に取り付けでき色々な用途に対応できるため、検討される方も多いようです。

サンルームのメリット

サンルームのメリットとして以下の点があります。

・雨の日や雪の日も洗濯物を外と同じように干せる。
窓を開けると外と同じように洗濯物を干せます。梅雨時などは、サンルームに除湿機を付けると洗濯物がよく乾きます。
・いろいろな用途に利用できる。
晴れた日は庭を眺めながらお茶をしたり、またお好きな観葉植物を置いたりといろいろな用途に使用することができます。

サンルームのデメリット

デメリットとしては、
・風通しが悪くなる
・夏は高温になる
・手入れが必要

などが考えられます。
しかし、ちょっとした工夫によりこれらのデメリットは改善することができます。

まず風通しですが、屋根以外の3方向の素材をガラスにし、パネルの開閉部分を多くして網戸を取り付ければ風通しが良くなります。

夏の高温については、内部日除けやロールスクリーンを設置することにより強い日差しを和らげ、室内の冷気が逃げるのも防ぎます。逆に冬は日差しを取り込んで天気のいい日は暖かく過ごせます。

お手入れは家の窓を掃除するのと同じ要領で、年に2〜3回水洗いすれば大丈夫です。




次回は実際にサンルームを作る際のプランニングについてご紹介します。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>