家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

IHクッキングヒーター or ガスコンロ

新築やキッチンのリフォームの際に悩ましいのが、IHクッキングヒーターにするか、ガスコンロにするか、という問題です。
IHクッキングヒーターとガスコンロはどちらにもメリットとデメリットがあるため、どちらが優れているかを一概に言うことはできませんが、それぞれのメリット、デメリットをきちんと理解してご家族の食生活や生活パターンに照らし合わせ、どちらか向いているかを判断することが大切です。

コストについて

購入するときの初期費用を考えると、一般にIHクッキングヒーターはガスコンロに比べて高価になります。
ランニングコストについては、どんな使い方をするかで異なるため、一概にどちらが安いとは言えません。

IHクッキングヒーターと調理器具

IHクッキングヒーターの場合、鍋の素材となべ底の形状が電気の消費量に大きく関係します。
素材が鉄の場合は発熱しやすいですが、アルミや銅は鍋が熱くなりにくいため、IHクッキングヒーターには適していないと言われています。
オールメタル対応のIHクッキングヒーターはアルミや銅の鍋でも調理が可能ですが電気消費量は大きくなってしまいます。
また、IHクッキングヒーターはなべ底がヒーター面に接していないと発熱しないため、接している面が少ないと発熱量が少なくなります。
このためなべ底の形状も重要なポイントで、例えば底の丸い中華鍋などはIHクッキングヒーターには適していません。

IHクッキングヒーターのメリット

  • 直接火を使わないので安全
  • 周りの構造や素材に法律の制限(内装制限)がないためレイアウトの自由度が高い
  • 掃除がしやすく衛生的
  • 使用していない部分を調理用スペースとして利用可能
  • 水蒸気の発生が少なく結露も少ない
  • 吹きこぼれや立ち消えなどの心配がない
  • キッチンまわりが暑くならない
  • 長時間の煮込み料理がタイマー設定で簡単にできる

IHクッキングヒーターのデメリット

  • 使える鍋が限定される(オールメタル対応ならアルミ製などでも使用可能)
  • 鍋の種類によって得られる火力が異なる
  • 一定の大きさの調理器具しか使えない
  • フライパン等での煽り調理が苦手(光火力センサーが付いているものは煽り調理が可能)
  • 最初は慣れないと使いにくい
  • 子供に火の扱い方を教える機会を失う
  • 機種によっては電磁波が医療用ペースメーカーに影響を与える可能性がある

ガスコンロのメリット

  • 中華などであおりながら調理できる
  • 調理器具を選ばない
  • すぐ加熱するのですぐに調理を始められる
  • 焼き物やあぶりもの料理がしやすい
  • 炎が見えるので感覚的に火加減を調整できる

ガスコンロのデメリット

  • 火が出るため火災のリスクがある
  • 夏場の調理は暑くなる
  • 内装制限があるため、インテリアのデザインが制限される
  • 災害時に復旧が遅れる可能性がある
  • 冬場は結露しやすい
  • ガス漏れに注意が必要



なんといってもIHクッキングヒーターは火が出ません。立ち消えや不完全燃焼などがないため、火災のリスクを軽減できます。また子供と一緒に料理を楽しんだり、お年寄りが使われる場合も安心です。
一方ガスコンロは、どんな鍋でも使用できます。いろいろな料理に最適な道具を使うことで、料理のおいしさと楽しさが広がります。
まずはそれぞれのメリット・デメリットを考え、どちらがご家庭に合っているのかを検討してみてはいかがでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>