家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

住まいの防音対策

ご近所とのトラブルとしてよく耳にするのが、騒音(生活音)のトラブルです。また、近くに交通量の多い道路があるなどで、騒音に悩まされているご家庭も多いのではないでしょうか。

防音対策は、大きく2つの側面から考えなければなりません。
・外からの音を家に入れないための防音対策
・自分の家の音を外に出さないための防音対策
外からの騒音をシャットアウトするだけでなく、自分の家から出る音が近所の迷惑になっていないかも考えて対策プランを考えましょう。

壁や屋根からも音は侵入しますが、音の出入りは窓からが断然多くなります。窓の防音対策としては二重サッシにするのが効果的です。
今あるサッシを取り替えるのではなく、今あるサッシの内側に後付けタイプの二重窓を設置する手軽な方法もあります。
ペアガラスについては断熱効果を高めることが目的であり、単板ガラスと比べて遮音性に優れていると言うことはできません。
それぞれ遮音性の劣る周波数域があるため、問題となる音の種類によって使い分ける必要があります。

一般にカーペット、畳、コルクの床材などは吸音性に優れています。子ども部屋などがフローリングで音が気になる場合は、コルクタイルを下地にカーペットを敷くとかなりの効果が期待できます。
遮音シートをフローリングの下に敷く場合は薄すぎると効果が出ないため、できる限り厚みのある遮音シートを使いましょう。

マンションやアパートなどで問題となるのが、壁から伝わる騒音です。
壁の防音対策として最も手軽なのが、家具を壁面に配置する方法です。家具で音を吸収する事により音を和らげる効果が期待できます。
それでもあまり効果が得られない場合は、市販品の防音シートや防音パネルなどを検討しましょう。最近では壁を傷付けずに簡単に設置できる商品もあります。

カーテン

窓に遮音性のあるカーテンをつけるのも、手軽にできる防音対策です。
遮音カーテンは、生地または裏面に特殊加工を施したものや生地に樹脂コーティングしたものなどがあります。
遮音カーテンでの対策では、まず音が侵入する隙間を作らない事が大切です。また、一般的に重い素材のものが防音効果に優れています。防音カーテンを選ぶ際は、隙間の処理と重さがポイントとなります。

換気扇

換気扇は防音対策の意外な盲点となっています。換気扇から入ってくる騒音に対しては防音効果のある空調換気扇が効果的です。




音の問題は周りの環境の影響が大きく人によって感じ方も違うために対策が難しく、100パーセントの解決策はありません。
しかし家の中で快適に生活するため、またご近所に迷惑をかけないためにも防音対策は考えておくべき問題です。
それぞれの環境に合った、最適な防音対策を行いましょう。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>