家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

「サイディング」ってどんなもの? 後編

今回は、前回ご紹介したサイディングの種類ごとのメンテナンス方法についてご紹介します。

メンテナンス方法

敷地の自然環境や施工の状態、塗装や塗膜材の種類などによって時期は異なりますが、サイディングには適切なメンテナンスが必要です。
ここでは、素材別にメンテナンスポイントを紹介します。

1)窯業系サイディング
表面塗装やシーリングのメンテナンスがポイントになります。色あせや汚れ、塗装面に触れて白い粉が付くような時は再塗装を検討するようにしましょう。また、シーリングの亀裂や剥離などがみられた場合には、シーリングの打ち替えも必要です。
最近では、光触媒塗装などを施したり、親水性のコーティングを用いるなど、メーカー独自の工夫により、色あせや日焼けを抑えるもの、汚れを防ぐ効果のあるもの、雨水で汚れが落ちたり、長く再塗装をしなくて済むもの等が出てきています。

2)金属系サイディング
外壁は雨や風に日々さらされているため、錆びを防ぐコーティングも徐々に取れてしまいます。錆びの発生を防ぐためにも、定期的に再塗装をしましょう。

3)木質系サイディング
木質系は天然木を塗装しているため、塗装色が退色してきたら塗り替えのタイミングになります。

4)樹脂系サイディング
他の3つの素材と違い、汚れたら洗い落とすのがメンテナンスのポイントです。大掃除の時期や台風の後に定期的に確認し、ヒビや割れがあればその都度補修しておくようにしましょう。

サイディングは、素材はもちろん製品によってその特徴は異なりますので、事前に具体的なメンテナンスや保証に関して確認しておくことが大切です。
今後の補修やメンテナンスにかかるランニングコストも考えて選びましょう。



いかがでしたか。
価格も安く、素材によってはその後のメンテナンスも手軽にできるサイディング。
これから家を建てられる方、リフォームを考えておられる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>