家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

吹き抜けのある家

「吹き抜けのある家」と聞いて思い浮かべるのは、

  • 広がる開放的な空間
  • 二階から降りそそぐ自然光の照明
  • 洗練されたお洒落なビジュアル・・・

など、良いイメージが浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
そんなお洒落なイメージで人気の「吹き抜け』ですが、今住んでいる家に後付けで作ることができます。
ただ実際に「吹き抜け」を家に作られた方の中には、気になる部分や問題点を抱えられている方もいらっしゃるようです。

今回は、そんな「吹き抜けのある家」について、メリットとデメリットをご紹介させていただきます。

メリット

1)1階が明るくなる
吹き抜けを作るのはだいたいリビングの上部が多いと思いますが、建物の南面に吹き抜けを作って高窓を設けると部屋の奥の方まで光が届くため、リビング全体が明るくなります。
対面キッチンの場合は、手元(シンクのあたり)が暗くなりがちですが、シンクの向こうに吹き抜けを作ることによって手元がいくらか明るくなるというメリットもあります。

2)部屋が広く感じる
視線が横だけでなく、縦にも広がるため、実際の面積以上にその部屋が広く感じられます。
この開放感が人気の理由のひとつです。

3)2階の気配を感じやすい
吹き抜けがあることによって、1階と2階でもお互いの気配がわかりやすく、コミュニケーションが取りやすくなりますね。
とくに小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には安心です。

4)吹き抜け部分の固定資産税はかからない
固定資産税は、延床面積に対してかかります。
吹き抜け部分は、床がないので延床面積に算入されないのです。
(吹き抜け直下の1階部分は床があるので、延床面積に入ります)

デメリット

1)部屋の数・収納スペースが減る
吹き抜けを付けることで2階の部屋の数が減る、または部屋が狭くなります。
これは当然のことですが、吹き抜けは1階から2階まで突き抜けた空間になるわけですから、どうしても一部屋分は2階の面積が減ってしまいます。
ゆえに2階の部屋の間取りをしっかり考えてから吹き抜けを作るようにしましょう。

2)音がモレやすい
実際に住んでみて後悔しがちなデメリットは音の問題です。
1階と2階で互いのコミュニケーションが取りやすいというメリットの半面、子どもが成長してプライバシーを求めるようになると、音がもれやすい点がデメリットになりやすいようです。
また、LDKの空間からもれる、テレビの音・ピアノの音・来客時の話声・料理や後片付けをする音などが気になって、2階で静かに過ごせないといったケースも考えられます。
音は防ぐことが難しいので、家族でよく相談しておくことが大切でしょう。

3)夏は暑く、冬は寒い
吹き抜けを作ることでどうしても空間が広くなるので、その分エアコンなどの暖房機器が効きにくくなります。
対策としては、ロールカーテンやロールスクリーンを取り付けて空気の循環をよくすることで、少しは改善することができるようです。サーキュレータなども有効的ですね。



吹き抜けの素晴らしさはその空間の広がりですが、単に空間だけにとどまらず、家族のつながりや心の充実、暮らしの利便性も広げます。
メリット・デメリットを考慮した上で考えてみてください。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>