家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

どこがベスト?洗濯物干し場

みなさんは洗濯物を干す際、庭とベランダのどちらに干されていますか。
最近は洗濯乾燥機や浴室乾燥機で済ませていらっしゃるご家庭も多いと思いますが、ちゃんと日光に当てて干すと取りこんだときのお日さまのにおいがとても気持ちいいですよね。
今回は、住まいの観点から洗濯物干し場について取り上げます。

干す場所の条件とは

理想的な洗濯物干し場を考えると、以下のような条件があげられます。

1)洗濯機から近い
洗濯機が置いてある階と同じ階に設けるのが便利です。
2)干しやすく取り込みもしやすい
洗濯機と同じ階に干し場があれば、洗濯物を抱えて階段を上り下りする必要もなくなり、また取り込みもしやすくなります。
3)乾きやすい
風通しのよい場所に干し場を設ければ、日光が入りにくい北向きや東向きでも洗濯物は乾きます。
4)邪魔にならない
洗濯物が干されていることで眺望を損なうということがないように干す場所を考える必要があります。
5)雨よけがある
ひさしがあることで、多少の雨なら干したまま出かけることが可能になります。

家事動線から外れた場所には設置しないこと、天候に左右されずに干せることが重要ですね。
次は、もう少し具体的な条件や場所ごとの注意点について考えてみましょう。

気を付けること

・ベランダ
浴室、洗面脱衣室などの水まわりを2階に作っている場合、洗濯機を置く場所を同じフロアのベランダに設け、そこに干し場も設置するのが効率的です。
干し場の向きは、日照時間の長い南向きが一番ですが、その他の向きでも風が通るようにしておくとよいでしょう。
また、洗濯物干し場を覆う屋根またはひさしをつけることで、「今日の天気微妙だな」という時でも安心して干せます。ひさしや屋根があればちょっとした物も置ける半屋外空間となるので、洗濯物を干す以外に、バーベキューセットや水遊び用品などの外でよく使う物を置ける場所にもなります。

・庭
1階に洗濯機置き場がある場合、洗濯物を干すスペースも1階に設置します。
南側にある庭の日当たりのよい一角に物干し台を設置しても良いですが、庭にウッドデッキを設け、そこに光を通すプラスチックの一種であるポリカーボネート板で屋根をかけることで、天候にも関係なく洗濯物を干すことができます。また、ウッドデッキは休日に家族と過ごす際にも色々と活用できますね。

屋内での洗濯物干し場について

ここまで外での洗濯物干し場について紹介してきましたが、「外に出る時間が長いので、家の中に干し場を設けたい」「外に干すと、防犯面が心配」といった理由から屋内で干したいという方もおられるのではないでしょうか。
ここでは、屋内で干す方法を紹介します。

・窓を利用して洗濯物を干すタイプ
窓枠に収まるタイプの室内物干しユニットを利用することで、いちばん日が入る窓辺の自然光を活かしながら洗濯物を乾かすことができます。
カーテンのある窓でも取りつけられるタイプであれば、リビングなどの南に面した窓にユニットを取り付けておけば、梅雨時や花粉が気になる季節にも手軽に使うことができ、プライバシーが気になるときは、レースカーテンを閉めることも可能です。
使わないときは窓枠にすっぽりと収まるので、見た目があまり気にならないのも魅力です。

・天井に取り付けて洗濯物を干すタイプ
窓辺ではなく部屋の中で干したいときは、床置きの物干しよりも「天井取り付けタイプ」の物干しが便利です。
天井取り付けタイプの場合、取り付ける場所にしっかりした下地が必要なので、プランニングの時点で、取り付け場所を考えておく必要があります。
その際、家事などの動線にあたる場所や、狭い廊下等は避けましょう。

花粉のつかない干し方とは

・屋外で干す場合
屋外ではどうしても洗濯物に花粉がついてしまうので、気象庁や民間気象会社が発表している花粉飛散情報に注意して、飛散する花粉量の少ない日に干すようにします。
干した後は、しっかりとはたいてから、家に取り込みましょう。そのときはマスクや眼鏡を必ず着用しましょう。

・屋内で干す場合
屋内で干すと洗濯物に花粉がつくことは少なくなりますが、部屋干しによる「菌の増殖」に注意が必要です。
部屋干しの生乾きの嫌なニオイは、洗濯で落としきれない酸化した「汚れ」と高い湿度による「菌の増殖」が原因です。
嫌なニオイを防ぐには、以下を意識することが大事です。
  • しっかりと洗濯して汚れを落とす
  • 洗濯物が乾きやすい環境にする(衣類の間を空けて風通しをよくする)
  • 細菌の繁殖を防ぐ



いちどお家の洗濯物干し場の場所を見直してみてはいかがでしょうか。

もうすぐ梅雨も終わって、夏が到来します。
洗濯物が太陽の光をいっぱいに浴び、取り込むときの日向のにおいが気持ちいい季節ですね。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>