家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

「よしず」と「すだれ」ってどう違うの?

最近ではあまり見かけなくなりましたが、たまにやってくる竿竹屋さんが売っているのが「よしず」と「すだれ」。
でもこの2つ、どこがどう違うのかご存知でしょうか。
今回は「よしず」と「すだれ」の違いと、効果的な使用方法についてご紹介します。

「よしず」とは

3メートルほどの葦(よし/あし)を糸で結びつなげて作ります。主に立て掛けるだけなので、マンションのベランダでも手軽に設置できます。海の家でよく見かけるのがこの「よしず」です。
立て掛けるだけなので、風が強い場所での設置は危険です。

「すだれ」とは

公家や大名が室内で使っていた御簾(みす)に由来しており、竹を細かく割いて太さをそろえ、糸で一本ずつ編んで作りますが、室外用の多くは葦でできています。
基本的には室外の軒下に掛け、窓から10〜15cm位離して吊り下げるのが効果的です。
室内でも使用でき、窓辺に掛ける日除け用と、間仕切りなどのインテリア用があります。

涼を取るための使用方法

よしずに水をかけたり地面に打ち水をすると、室内に入ってくる風の温度が2度ほど下がります。
外の気温が室内よりも低くなる夕方以降は、よしずを畳んだほうが涼しくなるので、さっと畳んで端に寄せておきましょう。

すだれはカーテンレールに引っ掛ける形で取り付けられます。もしカーテンレールに取り付けられないときは、いわゆる「突っ張り棒」を利用して取り付けることができます。
窓を開けているときに、風を通しながら遮光するという点ではブラインドなどと同様ですが、金属製のブラインドと異なり、すだれは空気の層を利用して熱を通しにくくするので、部屋の中が暑くなりにくいという特徴があります。




梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやってきます。
「すだれ」と「よしず」をうまく活用して、快適な夏を過ごしましょう。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>