家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

気軽に雰囲気を変える照明リフォーム

部屋の雰囲気を大きく左右する、壁紙や家具の色。なかなか気軽にはリフォームできませんね。
実は照明の照度を変えるだけで、お部屋の印象をがらっと変えることができます。
今回は、照明のリフォームについてご紹介します。

照度とは

明るさを数量化して示しており、「ルクス(lx)」という単位で表示されます。ルクスの数値が高ければ高いほど明るくなります。
明るさを測定するデジタル照度計を用いて測りたい箇所に当てると、「〇〇ルクス」と数字で教えてくれます。

「場」に合わせた明るさ

リビングで読書をしたい場合は300〜750ルクスの照度が必要ですが、団らんに最適なのはもっと低い150〜300ルクスです。食卓では200〜500ルクス、手芸・裁縫で750〜1500ルクス、子どもの勉強・読書には500〜1000ルクスが最適です。
お部屋の用途や使用する人に合わせた明るさを心掛けるといいですね。

リフォーム時に気を付けること

  1. 照明器具のリフォーム時には、基本的には照明メーカーのショールームやインテリアショップで実物を確認してから選びましょう。ショールームに行く際、部屋の間取りや家具の配置がわかる簡単な図面を持って行くと、専門のスタッフにプランの相談をすることができます。
  2. 照明器具の購入時には、取付け依頼が必要か、自分で行うかを確認します。取付けを依頼する場合は電気工事店や工務店などで器具を注文することもできます。
  3. 自分で取付けができるのは、引掛けシーリングや埋め込みローゼット、ダクトレールに対応する器具ですが、引掛けシーリングには荷重制限があるので、重そうな照明器具を選ぶ場合は、その荷重に耐えられるかを事前に確認してください。シャンデリアなどは器種によっては天井の補強が必要になることもありますが、白熱電球をLED電球に差し替える場合、思わぬ重さになることも考えられるので注意する必要があります。



お家に帰って部屋に明かりがついていると、何だかホッとしますよね。
これから寒くなる季節、温もりのある照明に変えて、照明から暖をとってみませんか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>