家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

「窓」の基礎知識 −上級編−

前回は中級編と題して、窓を快適に設置する方法について取り上げました。
今回は、内窓を付けることで得られる効果についてご紹介します。

内窓とは

内窓とは、既存の窓の内側に設置する窓のことです。既存のサッシはそのままなので、大掛かりな工事を伴わずに取り付けることができるのが特徴です。窓サッシが2枚ある状態から、二重窓(サッシ)と呼ばれることもあります。
※二重窓は、複層ガラスやペアガラスなどとは異なります。二重窓は、サッシ(ガラス戸)が2枚、2列に設置されていますが、複層ガラスは、ひとつのサッシに複数のガラスが組み込まれたものです。

設置のポイント

内窓をプランニングする際には、まず設置する目的を明確にすることです。採光や通風の確保なのか、気配を感じたりコミュニケーションを図るためなのか、また、空間のデザインとして取り入れたいのか等を十分に検討した上、目的に合わせて開閉方法やデザインを選ぶようにすることが大切です。
内窓を選択する際には、スタイルやデザインだけでなく、操作性や安全性の確認をしましょう。開き戸タイプの場合は固定機能がポイントです。開いた状態や好みの位置で扉を固定することができるもの、扉本体が勝手に開いてしまうのを防止する機能を持つものもあるので、ショールームなどで実際に動かしてみることが大切です。

省エネと節電

窓は家の中でも熱の出入りが大きな場所です。窓の性能が低いと、冷暖房をしても熱がすぐに流出してしまうので、光熱費もかさみます。
家の快適度を上げる一番の早道は、窓の断熱性能を上げることです。内窓を取り付けると、2組の窓の間にできる空気層が断熱効果を発揮して、冬の寒さを防いで光熱費を節約、また結露も防いでくれるので、省エネで快適な暮らしができるようになります。
内窓は、ガラスの性能を選ぶことも可能です。例えば夏の日差しが気になる西側の窓には、「Low-E複層ガラス」という遮熱効果があるタイプのガラスを選んでおけば、日差しを跳ね返して室内を涼しく保ってくれます。目隠しをしたい場合は、不透明ガラスを選ぶといいでしょう。

防犯・防音

空気の層があることで、防音(遮音)性能のアップも期待でき、窓や鍵が複数あるので、空き巣によるガラス破りの抑制効果もあると言われています。




内窓を設置することで、節電に繋がるというのはとても魅力的ですね。ぜひ一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

さて、3回にわたり「窓」について取り上げてきました。
次回は、番外編として「窓掃除の仕方」についてご紹介します。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>