家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

「窓」の基礎知識 −番外編−

前回まで3回にわたり「窓」について取り上げてきました。
今回は番外編として、おすすめの窓掃除の方法についてご紹介します。

窓掃除の用具

  • バケツ・・・綺麗な水道水を入れておく
  • スポンジ・・・使い捨てのメラミンスポンジでも可。
  • 手ごろな大きさに切ったぼろ布やぞうきん・・・木綿や、麻といった植物性の繊維が良い
  • セスキ炭酸ソーダか重曹の水溶液スプレー、酢かクエン酸の水溶液スプレー
  • スクイージー(T字型水切り)

窓掃除は天候が大事

窓掃除にうってつけなのは、雨の日、曇り、雨上がりなど湿度の多い日です。
晴れの日は湿度が低くなりがちですが、こういう日に水を使った掃除を行なっても端からドンドン乾いていくため、仕上がりが汚くなってしまうこともあり、窓掃除には向きません。

窓掃除の手順

(1) 窓掃除の優先順位
「人目に触れやすい部屋(場所)」の窓から行いましょう。もし玄関周りに窓がある場合は、そこから掃除します。さらに、一戸建てで来客が門から歩いてくるアプローチ部分に張り出している出窓などがある場合は、そちらを第一に掃除しましょう。
(2) 汚れが少ない場合
酢かクエン酸水のスプレーを窓にまんべんなく吹き付け、屋外、屋内ともスクイージーでまずは横方向に一通り、次に上から下の順に汚水を拭っていきます。サッシの枠部分はぞうきん等で拭きます。
(3) 屋外で汚れがひどい場合
セスキ炭酸ソーダか重曹の水溶液スプレーを窓に拭きつけ、すかさず水をたっぷりしみこませたスポンジで、上から下に向かって、規則的に拭き下げていきます。
ついでにサッシの枠なども拭きます。その後、酢かクエン酸水のスプレーを拭きつけ、液性を中和させながら、スクイージーで横方向に一通り、次に上から下に拭います。
※液性を中和させないで作業すると、白っぽい曇りが窓についてしまうので注意してください。
その後、周囲をぞうきんで拭き清め、拭きあがりを確認しながら、場合によっては再度乾拭きします。
(4) 屋内で汚れがひどい場合
スポンジやぼろ布を軽く湿らせ、汚れのひどい部分のみセスキ炭酸ソーダか重曹の水溶液スプレーを噴射しピンポイントで拭き清めます。クレヨンや糊などのしつこい汚れには、メラミンスポンジで同様に拭く(こする)とよく落ちます。
その後、酢かクエン酸水のスプレーを窓全体に吹き付け、ぞうきんで上から下に規則的に拭き清めていきます。
※スポンジ類は適宜、綺麗な水で洗いながら行いましょう。
※ぼろ布は、窓掃除のついでにベランダや網戸掃除などに活用し、使い捨てると手間が省けます。



窓掃除しても拭いた跡が目立ってしまう・・・など大変なイメージがありますが、工夫1つで楽に行うことができます。日頃のお掃除にぜひ取り入れてみてください。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>