家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

雨戸 or シャッター

最近では、雨戸を設けない住まいも多くみられるようになりました。
外観に目隠し効果をもたせることが多くなったこと、シャッターの性能が高くなってきていること等が理由のようです。
しかし、自然災害への対策やプライバシーの確保を考えた時、雨戸の役割が重要となってくるケースも多いのではないでしょうか。
今回は、雨戸とシャッターの特徴についてご紹介します。

雨戸

・雨戸とは
和風建築の開口部の外側に、防雨や防風、防犯などのために設けた建具のことです。戸袋から一枚づつ引き出し、開閉するものです。
昔は木製の雨戸が主流でしたが、現在では、軽量のアルミや鋼板など、金属系の商品が普及しています。
・種類
従来の横引きの雨戸だけでなく、両サイドに引くタイプ、折れ戸タイプの雨戸などがあります。特に折れ戸タイプは戸袋のスペースを確保する必要がないのがメリットといえます。
間取りや外観の形状、デザインに合わせて選ぶことが重要です。
・コスト面
一般的に、横引きの雨戸はシャッターに比べて低価格です。
また、厳しい自然環境にさらされる雨戸は、老朽化や不具合などで取り替えるケースも多い建具です。メーカーからも、リフォーム向けの商品が豊富に提案されています。いろいろなメーカーを検討し、ご自宅の条件に合った商品を選びましょう。

シャッター

・シャッターとは
一般的にアルミやスチール(鋼板)の羽根(スラット、スラッター、ルーバー)を上下させて開閉するものです。この羽根と羽根を支えるガイドレール、羽根を収納するシャッターケース(ボックス)などから構成されています。
・種類
【手動タイプ】
手動で操作する場合の羽根のタイプとして、すべて閉めたときに窓をぴったりと覆うタイプ(クローズタイプ)、羽根の間に小さな穴を設けて通風や採光ができるタイプ(スリットタイプ)、羽根の開閉によって通風・採光の調整が可能なタイプ(ブラインドタイプ)があります。
特にスリットタイプは、シャッターを閉めたままでも通風や採光ができるのが特徴です。ブラインドタイプは、羽根の角度を調整することで、季節や時間に合わせて使用することができます。
【電動タイプ】
リモコンやスイッチによって操作できるタイプ、窓とシャッターが一体化したタイプ、ロールタイプの網戸を内蔵したタイプ、小窓用のシャッターなどがあります。
以前は、開ける時や閉める時の音がうるさい、デザインがもうひとつ等の声もありましたが、最近では音も静かになり、スムーズに開閉することも可能になりました。シャッターケース部分もスリムになり、様々なデザインが揃っているので、外観イメージに合わせて選ぶことができます。
・コスト面
一般的に価格は、同じサイズの場合であればスチールよりもアルミの方が高め、手動タイプよりも電動タイプの方が高くなります。



雨戸もシャッターも軽量化や電動タイプ等、以前に比べて改良された商品が発売されています。
台風や豪雨からお家、そして大切な家族を守るためにも設置を検討してみてはいかがでしょうか。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>