家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

東西南北、窓の向き

家を建てる際、広さや間取りの他に「南向きは日当たりがいい」「北向きは日当たりが悪い」など、窓の向きも気になります。
東西南北、どの向きにもそれぞれメリット・デメリットがあるはず・・・。
今回は、窓の向きについて考えてみます。

東向き

・メリット
早朝から太陽が差し込むため、目覚めがいい
「太陽は東から昇る」ため、朝日を浴びて起きることになり、目覚めがいいでしょう。
この向きに寝室があれば、目覚まし時計は不要かもしれません。
・デメリット
冬場は洗濯物が乾きにくい
一番太陽が当たるのが朝の早い時間なため、洗濯物が一番乾くタイミングである昼間は日光が当たりにくいことになります。
特に冬場は太陽が沈む時間も早いため、ますます洗濯物が乾きにくいくなります。

西向き

・メリット
日照時間が長いため、布団や洗濯物をしっかり干せる
太陽が当たるのが正午以降となるため、日没までの時間が長くなり、布団や洗濯物をしっかり干すことができます。乾燥機いらずになるかもしれません。
・デメリット
夏場は午後の暑さが物凄い
日照時間が長いというメリットが、夏場は大変なデメリットになります。この向きにリビングを置く場合はエアコンを完備するか、よしずやすだれで日差しを防ぐ対策を取る必要があります。

北向き

・メリット
夏場は太陽が入りにくいため、涼しく過ごせる
太陽が差し込みにくい方角なので、夏場は他の方角に比べれば涼しく過ごすことができます。
暑さに平気な人なら、クーラーいらずでひと夏越せてしまうかもしれませんね。
・デメリット
冬場の寒さ
この向きは太陽が入り込みにくい分、冬場は凍えるような寒さになります。
暖房器具の設置が絶対に必要な向きといえます。

南向き

・メリット
程良く日光が当たるため、過ごしやすい
一年中ちょうど良い具合に明るく暖かく太陽が差す向きであり、日中に家にいることが多い場合は、太陽の恵みをたくさん受けることができます。
また、夏至では日光は直接窓に差し込まず、冬至では部屋の奥まで太陽が差す向きであるため、季節に合わせたちょうどいい塩梅の角度といえるでしょう。
・デメリット
西向き程ではないが、夏は暑い
南に面して大きな窓がある場合、上部の庇が太陽光カットに大きな影響を与えます。庇がまったくない、もしくは少ない家だと夏の暑さは厳しくなる恐れがあります。
また、窓ガラスの外側で適切な日よけを設けて、日射をさえぎる工夫が必要です。家の南側に落葉樹を植えることでも対応できます。



いかがでしたか。
北向きにも「夏場は涼しく過ごせる」というメリットが、南向きにも「夏場は暑い」というデメリットがあるように、一概に「この方向がベスト」ということは難しいですね。
間取りを決める際は、お部屋の用途を考えながらプランニングしましょう。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>