家にかかわる疑問のあれこれを分かりやすくお話します。  
 

カーゲートとカーポート 前編

駐車スペースの"門"である「カーゲート」や、駐車スペースの"屋根"である「カーポート」にはいろいろな種類があります。
今回から3回に分け、駐車スペースのプランニングやそれぞれどんな種類があるのかをご紹介します。

駐車スペースのプランニング

−駐車スペースのみか、ガレージか−
・スペースのみ確保する
屋根を設けずに、スペースだけを確保するなら、床面はコンクリートやレンガ、石等を用いて、工事費も安く済ませましょう。車が停まっていない時は庭と一体化するようなプランニングにしておくと、さまざまな用途に利用できるでしょう。
・ガレージを建てる
ガレージは、自動車を格納するための建物のことです。雨や風、ほこり等に車をさらすことがないので、車を維持するには好ましいでしょう。
1階部分に駐車スペースを設け、その上に建物(居室)があるピロティガレージや、シャッターやドアを設置したビルトインガレージのようなガレージが独立したもの、もしくは建物に組み込んだり一部を利用したりするものなどがあります。
建物の1階部分に駐車スペースをプランニングする際は、建物の強度に関しての十分な配慮と、出入りのために大きな開口部を設けるため、構造面など設計担当者に検討してもらうことが必要です。また、ビルトインガレージの場合は、シャッターの性能や換気・吸音などへの配慮、床の防水・耐油性能などに関しても確認しておくことが大切です。
−最低限のサイズ−

財団法人駐車場整備推進機構(車庫研究会)によると、一戸建て住宅で1台の駐車に最低必要なスペース(前面道路に対して直角方向に駐車する場合)は、小型自動車の場合に長さ5.0m×幅2.6m、同様に軽自動車なら4.0m×2.2m、普通自動車(大型)なら5.9m×2.9mとされています。
今実際に乗っている車、あるいは将来乗りたい車のサイズに合わせて車庫の大きさを考えることも必要ですが、一般的には車の全長に80cmを加えた奥行き、車の全幅(ミラーを除いた幅)に130cm(110cmとする考え方もあります)を加えた幅が車庫の最小限の広さとされています。
さらに車を2台、3台と駐車したい場合であれば、それなりの車庫幅が必要になります。
車庫のサイズについて法律の規定はありませんが、国土交通省による標準駐車場条例(一定規模以上の建築物の駐車施設について定めたもの)では、「駐車台数1台につき幅2.3m以上、奥行5m以上」をモデルとしています。車いす利用者のための駐車施設は「幅3.5m以上、奥行6m以上」です。

−気を付けること−

駐車スペースは、敷地に対してのゾーニング、建物の間取りプランニングと同時に検討することが重要です。前面道路の幅や出入りのしやすさ、安全性、排気ガスや音、隣家との関係などを考慮し、敷地のどこに配置するのかを決めるようにしましょう。駐車スペースを直角にとるのか、縦列とするのかなど、出入口の間口サイズを確認しながら検討します。
また、車の台数、車高、幅や長さ、ドアの開閉スペースなどに合わせて、適する広さを確保します。自転車やバイクも置く場合、玄関アプローチも兼ねる場合などは、そのスペースも忘れずに確保するようにしましょう。
家族に幼児がいる場合は、ベビーカーなどの出し入れがしやすいスペースが必要となり、高齢者は車椅子に乗り降りしやすいような配慮も必要かもしれません。また、将来、車を買い替える予定があれば、予め考慮しておきましょう。
外観やエクステリアとのデザインバランスも忘れないようにしましょう。屋根材や外壁材、玄関ドア等とのコーディネートも大切です。最近は、玄関アプローチの機能と一体化した製品やエクステリア全体をトータルコーディネートできる製品もみられます。庭を含めた外まわり全体で検討することで、まとまりのある外まわり空間が生まれるでしょう。




次回はさまざまな「カーゲート」の種類についてご紹介します。

イメージ

<< 前の記事 記事一覧 次の記事 >>